【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】企業型確定拠出年金がわかる本おすすめ3選+最新情報

「企業型確定拠出年金がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

企業型確定拠出年金(企業型DC)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

企業型確定拠出年金とは、従業員が自らの退職金を自分で管理し、投資するための制度。従業員は自分の給与から一定額を拠出し、企業も一定額を拠出することが多いです。運用成績によって受け取る退職金額が変動し、より自主的で柔軟な老後資金形成が可能となります。利用者は投資プランを選び、自己責任で資産を増やすチャンスを持てます。

まずはじめに、企業型確定拠出年金がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 企業の経営者および人事担当者:従業員のための退職金制度として企業型確定拠出年金を導入・運用したい。
  • HRマネージャー:従業員への福利厚生の一環として確定拠出年金プランを提供し、管理したい。
  • ファイナンシャルプランナー:クライアントに退職計画としての確定拠出年金をアドバイスしたい。
  • 従業員:自身の退職金計画として企業型確定拠出年金の選択肢を理解したい。
  • 会計士や税理士:確定拠出年金に関連する税務処理や財務計画のアドバイスを提供したい。
  • 企業の福利厚生担当者:確定拠出年金プランの詳細を従業員に説明し、サポートしたい。
  • 投資アドバイザー:確定拠出年金の口座における投資選択肢に関するアドバイスを提供したい。
  • 独立起業を考えている人:自営業者として確定拠出年金の利用方法を学びたい。
  • 経営コンサルタント:企業に退職金制度としての確定拠出年金の導入を提案し、実装を支援したい。
  • 退職を計画している個人:自身の退職資金の一部として確定拠出年金を活用する方法を学びたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

企業型確定拠出年金の本 おすすめ3選

企業型確定拠出年金がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

頭のいい会社はなぜ、企業型確定拠出年金をはじめているのか:岩崎陽介(著)

書籍情報

岩崎陽介(著)青春出版社(出版社)2022/4/9(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

導入実績1位の「確定拠出年金のプロ」が中小企業経営者のために書いた、今注目の企業型確定拠出年金(iDeCoの企業版)の頭のいい利用法。

節税効果は最低でも15%! 
効率的な資産形成と福利厚生の充実を一挙に実現できる経営戦略を紹介します! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

得する社長、損する社長 中小企業のための確定拠出年金:花城正也(著)

書籍情報

花城正也(著)クロスメディア・パブリッシング(出版社)2022/11/28(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

こんなの、やらなければ損だ

十分な資金がないために、会社を引き継げない。
毎月の資金繰りに必死で、自分の資産を蓄えることができない。
そうした経営者はたくさんいます。
また、十分な給与や退職金を払うことができず、将来への不安を感じる社員が退職してしまうケースもあるでしょう。

経営者にとって頭の痛い問題を一挙に解決する方法が、企業型確定拠出年金の導入です。

本書では、企業型確定拠出年金の専門家が、メリットだらけの制度とその導入法をイチから解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

会社も従業員もトクをする!  中小企業のための「企業型DC・iDeCo+」のはじめ方:山中 伸枝(著)

書籍情報

山中 伸枝(著)同文舘出版(出版社)2021/7/2(発売日)224(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

---------------------------------------
小さな会社こそ導入すべき
企業型DC(企業型確定拠出年金)
iDeCo+(中小事業主掛金納付制度)
---------------------------------------

節税メリットを活かしながら、従業員の将来支援ができる! 
福利厚生の拡充に最適な確定拠出年金の活用術

●新しい退職金制度として最適
●福利厚生として求人票に記載できる
●社長・役員も加入できる
●節税しながら老後の資産づくり
など、中小企業にとって恩恵がたくさんある確定拠出年金。
加入可能年齢・受給開始時期の拡大、企業型確定拠出年金とiDeCoの同時加入要件の緩和など、 2020年の法改正によって、ますます使い勝手がよくなりました。

確定拠出年金制度は国の制度ですが、その活用方法は会社によって千差万別です。
あなたの会社にぴったりの確定拠出年金は?
企業型DCとiDeCo+、どちらを導入すべき?
導入・設計・運営・手続き……こんなときどうする? etc.

本書では、確定拠出年金の仕組みから導入の流れ、自社に適した活用方法、 よくあるQ&A まで丁寧に解説。
企業の資金繰りや節税対策、企業年金などに頭を抱えている経営者や 何から取り組めばいいのかわからない経理担当者のための 確定拠出年金のギモンを解決する1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

企業型確定拠出年金の名著・ロングセラー本

企業型確定拠出年金についての名著やロングセラー本を紹介します。

マンガと会話でわかる 事例で学ぶ企業年金実務:りそな銀行 りそな年金研究所(編集)

書籍情報

りそな銀行 りそな年金研究所(編集)きんざい(出版社)2022/3/17(発売日)400(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本書は企業年金に携わる者にとって、貴重なノウハウがわかりやすく詰まっています。

◆企業年金の受託機関である金融機関内で起きた事例を会話形式でわかりやすく解説。
◆専門家でなければわからないことが多い企業年金特有の手続きを解明! 問題解決へのヒントが盛りだくさん。
◆はじめて企業年金の事務運営に携わる事業会社の担当者に最適! 人事部門に必置の書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

選択制確定拠出年金を上手に導入する方法:蔀 義秋(著)

書籍情報

蔀 義秋(著)自由国民社(出版社)2016/8/19(発売日)198(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

導入サポートのプロが教える 会社経営者、総務・経理部門担当者のための一冊! 
選択制確定拠出年金と近未来を予測したコミック付。
選択制確定拠出年金を導入する前に、是非とも知っておきたい情報も満載です。

選択制確定拠出年金は、私的年金である企業型確定拠出年金の導入方法の一つ。
社員各人が、加入するかどうかや、掛金の金額をいくらにするかを選択できる制度です。

会社にとっては社会保険料の会社負担等をぐんと減らすことができ、社員にとっては老後の安心につながる「じぶん年金」をつくることができるというメリットがあるのです。

「多くの社員が喜んで加入した」「どうして他の会社は導入していないのかな?」という感想が続々! 

給与25万円の社員が既存の給与から毎月2万5,000円を拠出すると、会社の社会保険料等負担分は毎月6,203円減ります。
加入者100人なら1年間で744万3,600円のコスト減が実現! 

社員も会社も喜ぶ画期的な制度の上手な導入方法を本書で紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

小さな会社のための新しい退職金・企業年金入門 会社の負担が減って、社員のやる気も出る仕組み:山崎 俊輔(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

17年1月確定拠出年金の法改正施行!
経営者の負担を少なく、社員のためになる新しい「退職金」「企業年金」制度を徹底活用すれば、みんなが満足、ハッピーになれる!

新しく制度を作りたい会社はもちろん、先代からの古い制度をなんとかしたい中小企業は会社も必読!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新の企業型確定拠出年金の本

最新の企業型確定拠出年金(企業型DC)に関連する本を、発売日が新しい順に紹介します。

5月に発売される企業型確定拠出年金の関連書籍は見つかっていません。

実務必携 企業年金の制度運営:りそな銀行 りそな年金研究所(著)

書籍情報

りそな銀行 りそな年金研究所(著)一般社団法人金融財政事情研究会(出版社)2024/4/17(発売日)1048(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

確定給付企業年金(DB)ならびに確定拠出年金(DC)の法令・通知、規約に基づく制度運営を、体系的に整理し、詳細に解説。

さらに制度導入時特有の留意事項、法令改正時の対応、M&A時の対応例等を事例とともに紹介。実務に即応した企業型DC、規約型DB、基金型DBの規約例を留意点とともに掲載。

企業年金制度の運営担当者、必携の書!

amazon.co.jp書籍情報より引用

マンガでわかる お金を増やす思考法:奥野 一成(監修)

書籍情報

奥野 一成(監修)柾朱鷺 , 星井博文(著)MICHE Company(マンガ)池田書店(出版社)2023/6/22(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

投資家の思考法』で話題の農林中金バリューインベストメンツCIO・奥野一成氏による、マンガでやさしくわかるお金を増やす思考法。

老後を含めた人生の資産設計のために、「投資」に取り組むのがもはや常識らしい……と聞いて、間違った行動をとっていませんか。

20代は少ない資産を金融投資にまわしたりせず、とにかく自己投資に投じること。
お金は損益(P/L)で考えるのではなく、資産(B/S)で考えること。
金融投資は決して投機(=ギャンブル)ではなく、株価の動きで右往左往されるような切った張ったの世界ではないこと。
金融投資は企業型DC、iDeCo、NISAの税制優遇制度を最大活用すること。
何より大切なのは、人生の節目節目で、自分の資産を見える化する「ジブン・ポートフォリオ」を作成すること

――などなど、バフェット流の長期投資を行う一流のインベスターが教える、目からウロコの思考法。
生涯収入を最大化させる、一流のノウハウが詰まっています!

amazon.co.jp書籍情報より引用

効果的な年金制度の使い方を伝授 社員を幸せにしながら社長の資産を増やす方法:細川 知宏(著)

書籍情報

細川 知宏(著)幻冬舎(出版社)2021/8/31(発売日)188(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

社員の退職金・年金を「見える化」し、社長の老後資金も増やせる⁉ 
小規模企業だからこそ活用できる「企業型確定拠出年金」を徹底解説

社員の不安を取り除き、会社への帰属意識を高める施策として紹介したいのが「企業型確定拠出年金」です。
企業型確定拠出年金は社員が自分で積立金を運用・管理するので、運用状況や将来の受給予定額などがはっきりと分かり、「見える化・意識化」が可能となります。
将来自分がもらえる金額を把握できるため社員のモチベーションアップに繋がり、社員は安心して働き続けることができるのです。

また、企業型確定拠出年金の導入は、社員だけでなく社長にもメリットがあります。
1つ目は、積立金の運用を個々の社員が行うため、運用結果に対する責任を会社・社長が負う必要がないこと。
2つ目は、社長個人の掛金を会社の損金として計上することで、法人税を節税しながら社長の老後資金を用意できることです。

また、近年注目を集めている「個人型確定拠出年金(iDeCo)」と比べ、企業型確定拠出年金は月々の掛金の上限が高く、掛金拠出の期間も長いため、より多くの老後資金を用意できるといった魅力もあります。

本書では、大手証券会社勤務を経てIFA(金融商品仲介業者)となり、数々の「企業型確定拠出年金」導入支援を行ってきた著者が、そのメリットや導入フローをストーリー仕立てで紹介し、専門用語も分かりやすく解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

中小企業のためのリモデル選択制DC(確定拠出年金) 基本編:一般社団法人DCマイスター協会(編集)

書籍情報

一般社団法人DCマイスター協会(編集)清文社(出版社)2019/1/7(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

退職給付を含む賃金制度の再構築(生涯収入の配分見直し)を前提とした、選択制による企業型確定拠出年金制度の基本知識をわかりやすく解説。

福利厚生の充実を実現し、社長と従業員の老後資金作りに役立つ制度導入に向けた取組みのヒントを満載した1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

100人以下の会社のための iDeCo&企業型DC楽々活用法:山中 伸枝(著)

書籍情報

山中 伸枝(著)日本法令(出版社)2017/8/17(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

現在、iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者が急速に増え、これまで確定拠出年金と無縁だった会社も、社員から問合せを受けたり、手続きを求められたりするケースが増えています。

○ 私はiDeCoに加入できますか?
○ iDeCoに加入したら、年末調整や給与計算で変わることはありますか?
○ 配偶者のiDeCoの掛金を代わりに拠出することはできますか?
○ パートタイマーの配偶者がiDeCoに加入すると何か影響はありますか?
○ iDeCoに加入したいので「事業主の証明書」を書いてください!
○ 前職で積み立てた「資産の移換」はどうすればよいですか?
○ iDeCoより掛金が減るので会社の確定拠出年金に加入したくありません!

日本人の会社員の大半は税金や社会保険の手続きが会社任せで、自分のお金に無頓着なだけでなく、金融情報にも無関心です。

しかし、国がiDeCoの普及を図るのは、退職後の老後資金を公的年金だけに頼らず、自助努力もして準備してください、というメッセージです。

企業年金制度を持たない小規模事業所こそ、社員の老後資産形成支援のため、会社による掛金拠出を必ずしも必要としない確定拠出年金を上手に活用する必要に迫られていると言えます。

本書では、100人以下の会社を対象に、会社として確定拠出年金制度と向き合う場合に押さえておくべき知識・関連実務のほか、負担の少ない企業型DCの導入について、事例も交えて解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

企業人事部門のための 確定拠出年金ハンドブック:JPアクチュアリーコンサルティング(著)

書籍情報

JPアクチュアリーコンサルティング(著)ポプラ社(出版社)2017/3/1(発売日)102(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

2016年6月3日に「確定拠出年金法等の一部を改正する法律」が公布。
今年2017年から施行された同法の目的は、DC(Defined Contribution Plan )を含む企業年金制度等の普及・拡大に向けた見直しであり、改正の背景には公的年金の縮小、企業年金の普及率低下、コースの多様化、社会経済情勢の変化があります。

今回の本は「企業型確定拠出年金」「個人型確定拠出年金」「2016年確定拠出年金法改正」「iDeCo(個人型確定拠出年金)対象者拡大への企業の対策」を網羅。

企業の人事部門担当者が社員からの質問に的確に対応できるようにするためのポイントを絞ったハンドブックです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

企業型確定拠出年金 よくある質問と回答

企業型確定拠出年金について、よくある質問と回答を5つ紹介します。

企業型確定拠出年金とは何ですか?

回答: 企業型確定拠出年金とは、企業が従業員のために設ける年金制度の一つです。

この制度では、企業が従業員のために一定額を拠出し、従業員自身がその資金を運用する年金プランです。

従業員は自分のリスク許容度に応じて、様々な投資商品を選択できます。

企業型確定拠出年金のメリットは何ですか?

回答: 企業型確定拠出年金のメリットには、従業員が自分の退職後の資金を自ら管理・運用できる点、税制上の優遇を受けられる点、企業にとっては従業員の福利厚生の向上として活用できる点などがあります。

また、従業員のキャリアに合わせて柔軟にプランを変更できるのもメリットです。

企業型確定拠出年金の運用方法にはどのようなものがありますか?

回答: 企業型確定拠出年金の運用方法としては、株式、債券、投資信託などの多様な金融商品が選択できます。

従業員は自分の投資スタイルや将来のリタイアメントプランに合わせて、リスクとリターンのバランスを考慮しながら、これらの商品を選ぶことができます。

企業型確定拠出年金に加入する際の注意点は何ですか?

回答: 企業型確定拠出年金に加入する際の注意点としては、運用商品の選択、リスク管理、手数料やコスト、運用成績の定期的な確認が重要です。

また、長期的な資産形成を目指すため、市場の変動に一喜一憂せず、計画的な資産運用を心がけることが大切です。

企業型確定拠出年金を利用する際、税金の取り扱いはどうなりますか?

回答: 企業型確定拠出年金の拠出金は、所得控除の対象となり、税金の軽減効果があります。

また、運用益については年金受給時まで非課税となります。

しかし、年金受給時には所得として課税されるため、将来の税率や所得状況を考慮した計画が必要です。

企業型確定拠出年金のスキルが活かせる職種とは?

企業型確定拠出年金(DCプラン)は、従業員や企業が将来の退職金を見越して拠出し、その資金を運用することで退職後の資金を形成する制度です。

このシステムに関する知識や経験は、特に金融、人事、福利厚生の分野で求められます。

企業型確定拠出年金に関する専門知識を持つことで担当することができる仕事には以下のようなものがあります:

  1. 福利厚生担当者/人事マネージャー:
    • 企業の人事部門で、従業員のための確定拠出年金プランの導入や管理を行います。従業員への制度の説明、加入手続きの支援、プランの見直しや改善などを担当します。
  2. ファイナンシャルプランナー(FP):
    • 個人クライアントに対して、企業型確定拠出年金を含む退職資金計画や資産運用のアドバイスを提供します。将来のライフプランに基づいた資産形成戦略を立案します。
  3. 年金コンサルタント:
    • 企業に対して、確定拠出年金プランの設計、運用、管理に関する専門的なアドバイスを提供します。プランの運用効率の向上やコスト削減の提案などを行います。
  4. 資産運用アドバイザー:
    • 確定拠出年金の資産運用を担当します。市場分析や投資戦略の立案を通じて、プランの運用成績の最大化を目指します。また、従業員への投資教育や相談対応も行うことがあります。
  5. コンプライアンスオフィサー:
    • 企業型確定拠出年金の運用に関連する法律や規制の遵守を確保します。リスク管理や内部監査を通じて、法的リスクの最小化を図ります。
  6. 保険会社や金融機関の商品開発担当者:
    • 確定拠出年金プラン向けの金融商品や保険商品の開発に関わります。市場ニーズの分析や新商品の企画、商品提案などを行います。
  7. 研修講師/セミナー講師:
    • 企業の従業員や個人投資家向けに、確定拠出年金の仕組み、資産運用の基本、税制優遇の内容などに関する研修やセミナーを実施します。

企業型確定拠出年金に関する知識や経験を持つ専門家は、企業の福利厚生プログラムの強化、従業員の資産形成支援、リスク管理など、多方面でその能力を発揮することができます。

また、高齢化社会において、確定拠出年金の重要性はますます高まっており、この分野の専門家の需要は今後も増加することが予想されます。

まとめ

企業型確定拠出年金について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、企業型確定拠出年金がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。