【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】生前贈与がわかる本おすすめ3選+最新情報

「生前贈与がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

生前贈与について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

生前贈与とは、個人が生存中に財産を他人に無償で譲渡すること。通常、家族間で行われ、相続税の節税対策として利用されることが多いです。この制度を利用することで、贈与者の意志に基づいた財産の分配が可能となり、相続時のトラブルを未然に防ぐ効果も期待できます。適切な計画と法的な手続きを経て行うことが重要です。

まずはじめに、生前贈与がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 資産計画を検討している個人:財産の一部を生前に家族や親族に移転したい。
  • 高齢者:相続の問題を事前に整理し、円滑な資産の移転を望む。
  • 財産管理者:クライアントの資産計画や税務対策の一環として生前贈与を提案したい。
  • 法律専門家:相続法や贈与税に関する知識を深め、適切なアドバイスを提供したい。
  • 会計士や税理士:生前贈与の税務処理とその効果的な方法について学びたい。
  • ファイナンシャルプランナー:クライアントの資産管理と節税対策のための戦略を立てたい。
  • 家族信託の担当者:資産の管理と贈与の法的側面を理解し、サポートしたい。
  • 不動産所有者:不動産資産の一部を生前贈与の形で移転することを検討している。
  • 一般読者:自己の資産と家族の将来に関する計画を立てたい。
  • 相続対策に関心のある人:財産の有効活用と相続におけるトラブル回避の方法を知りたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

生前贈与の本 おすすめ3選

生前贈与がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

スッキリ分かる! シン・生前贈与のすべて 相続診断士が教える これからの相続対策

書籍情報

一般社団法人 相続診断協会(編集)日本法令(出版社)2023/12/9(発売日)148(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

新しい相続のルールに完全対応!

令和5年度税制改正により、生前贈与税制が大きく見直されました。

本書は、税制改正における贈与税制の改正と贈与における基本的な実務ポイント、注意点等について相続診断士(及びそのサポーター)が解説し、新しい贈与のあり方を提示します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

相続対策は自分のために考えよう! 常識を変える生前贈与の活用法

書籍情報

村上 正城(著)アニモ出版(出版社)2023/12/14(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

◎「相続対策は家族のために行なうもの」「相続や贈与の節税対策を積極的に進めたほうがいい」「老後のために手元にお金を持っておくべき」――このような思い込みや勘違いが、相続対策の本来のあるべき姿を歪めています。

相続対策は、「自分のこと」を最優先に考えて、やりたいことを思い切りやっていく。
つまり相続対策は、自分本位、自分ファーストで考えていくべきです。

その1つの手段が「生前贈与」です。
目的の実現のために生前贈与が最適な方法であれば、積極的に活用しない手はありません。 

◎著者は、生前贈与や遺言などの活用セミナーを積極的に行なっています。
わかりやすい語り口とパネルを用いた独自のアプローチが評価され、多くの金融機関等から講演依頼を受けて、相続や老後対策を始める動機づけを提供するセミナーとして定評があります。

その経験を活かして、生前贈与のとっておきのノウハウをわかりやすくまとめたのが本書です。
令和5年に贈与税が改正され、令和6年から施行されますが、その内容とポイントもやさしく解説。

「なるほど!」と“目からウロコ”の内容満載の本書が、相続対策で悩むあなたにとって、すぐに役立つことウケアイです!

amazon.co.jp書籍情報より引用

ニュースポスト

Q&A 新しい生前贈与の法務と税務

書籍情報

税理士法人山田&パートナーズ, 弁護士法人Y&P法律事務所(著)日本法令(出版社)2024/4/5(発売日)288(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

令和5年度税制改正により、生前贈与制度が大きく変わりました。

相続時精算課税制度の基礎控除新設や、暦年課税制度の期間延長などにより、従来計画・実行されてきた財産移転対策は、抜本的に見直していくことが求められます。

本書は、生前贈与をめぐる法務・税務の基礎知識や今般の改正内容を解説するとともに、生前贈与によるタックスプランニングをどのように見直すべきか、その立案手法や対策メニューを検討していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

生前贈与の名著・ロングセラー本

生前贈与についての名著やロングセラー本を紹介します。

図解ポケット 生前贈与がよくわかる本

書籍情報

植村 豪(著)秀和システム(出版社)2023/10/28(発売日)212(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

生前贈与とはどんなものなのか、メリットとデメリット、手続きの方法をわかりやすく解説します。

相続のときに意思表示がないと、財産を分けるのに家族間でもめてしまう可能性もあります。
さらに、相続税対策ができていないと「こうすればよかった」「あれもできたのに」という後悔にもつながります。

実は相続があってからできる対策はほとんどありません。

でも、生前贈与を利用することで、家族に想いを伝えつつ相続対策をすることができます。
ただし、それにもある程度の時間も必要です。

2024年1月から相続税や贈与税のルールが大きく変わります。
人生100年時代の中、これまで以上に相続対策をできるだけ早めに、計画的に、はじめる必要性が出てきました。

そこでこの本では、その変更後のルールを踏まえて、生前のうちに想いを届けることができ、相続対策のカギにもなる生前贈与のキホンについて伝えています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

【改正税法対応版】「生前贈与」そのやり方では損をする

書籍情報

税理士法人レガシィ天野隆, 天野大輔(著)青春出版社(出版社)2023/4/4(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

65年ぶりの大改正! いよいよ2024年から 「生前贈与」のルールが大きく変わる。

一番大きな変更点は、「暦年贈与」の相続財産への加算期間が、相続前3年から7年へと延長になることだ。

本書では、詳しい変更内容やうまいやり方、その他の変更点について、相続専門税理士が徹底解説。

一番得する「生前贈与」の新常識をまとめた一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

著者・出版社ポスト

令和5年度税制改正対応 賢い生前贈与と税務Q&A

書籍情報

坪多 晶子(著)ぎょうせい(出版社)2023/7/30(発売日)280(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

相続税増税&贈与税減税※により“生前贈与は早めに!!”へ
新制度の贈与を有利に導く119問

※令和6年1月以降の贈与&相続に適用されます。

◆特徴1◆生前贈与を長年、提案してきた著者が徹底解説

→『新時代の生前贈与と税務』の著者が改正内容を詳細に!!
~改正後の贈与税が16問、暦年贈与と相続時精算課税の選択は4つのポイントで分かりやすく!!

◆特徴2◆財産別に生前贈与対策を解説

→税理士はあらゆる顧客からの相談に対応できる!!
~相続税対策を考え始めている資産家はもちろん、事業承継を考え始めている経営者向けの事例も豊富

→相続税対策を提案する金融・不動産業界と連携も!!
~講演経験が豊富な著者ならではの視点により不動産を活用した対策や、金融機関と連携した金融資産を活用した対策も実践的な内容

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

最新の生前贈与の本

近日発売予定や最近発売された最新の生前贈与の本を紹介します。

6月に発売される生前贈与の関連書籍は見つかっていません。

すぐに役立つ これだけは知っておきたい!  遺言書の書き方と生前贈与の法律と税金

書籍情報

木島康雄, 武田 守(監修)三修社(出版社)2024/5/22(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

遺言書の正しい書き方や財産分けのルール、相続開始後の遺産分割手続きなど、遺言、相続の基本を解説。
相続トラブルを回避するための遺言書記載例を多数掲載。

相続税対策としての生前贈与と登記手続きもわかる。
相続税、贈与税の計算の仕方、相続時精算課税制度、配偶者控除、教育資金、住宅取得等資金の贈与の特例なども解説。

暦年課税による生前贈与の加算対象期間の見直し等を定めた令和6年1月以降の新制度と令和6年度の相続税・贈与税の改正に対応。

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解 いちばん親切な生前整理と手続きの本

書籍情報

中村 麻美(著)ナツメ社(出版社)2024/4/16(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

自分の老後、親の老後のことが気になったら…身辺整理のやり方をフルカラー図解で徹底解説!

◆やるべきことがこの一冊でしっかりわかる!
自分と家族のために元気なうちに進めておきたい生前整理。
考えておきたいこと・整理しておきたいことを一冊に網羅しました。

◎預金口座・保険・有価証券などの資産状況と手続きに必要な情報の整理
◎自宅や家財をどうするか
◎相続を見据えた遺言の作成や生前贈与
◎入院・介護・認知症になったときへの備え
◎葬儀・お墓をどうするか
◎おひとりさまが備えておきたいこと

自身の希望や家族の状況によって、選択肢はさまざま。
「生前に贈与するか相続するか」「土地や自宅を売却するか相続するか」「住まいから離れた代々の墓をどうするか」…など、多くの人が気になる問題やトラブルを防ぐためのポイントを取り上げています。
また、モノの整理と処分、サブスクやデジタルデータの管理と整理など、身のまわりの片づけのノウハウも紹介しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

贈与税改正対応 相続時精算課税制度の活用と実務ポイント

書籍情報

宮森 俊樹(著)ぎょうせい(出版社)2024/3/30(発売日)168(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

110万円の基礎控除が新創設!使いやすくなった制度を徹底解説!

株や生命保険などのパターン別に解説!
・生前対策・納税対策としての活用パターンを紹介!
・事業承継対策問題を解決する糸口も見つかる!

暦年課税制度との比較も一目瞭然!
・どちらが有利なのか?!
・贈与財産の種類や金額、回数を比較検討!
・最適な資産移転の方法がわかる!

他規定との関係もコンパクトに解説!
・取得費加算制度、物納制度、小規模宅地特例などの知らないでは済まされない関係を詳解。
・さらには密接に関わる民法との関係にも言及!

amazon.co.jp書籍情報より引用

いちからわかる! 相続・贈与 2024年最新版

書籍情報

五十嵐明彦(監修)インプレス(出版社)2024/2/27(発売日)128(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

生前の贈与から相続時まで、相続人が知っておきたい節税テクニックを解説!

2024年から相続対策として有効な「贈与」のルールが大きく変わります。
これまでのように年110万円の暦年贈与でも、相続前7年以内の贈与は、相続財産として課税対象に含まれることに。
これまで通りの対策では課税財産が最大340万円アップしてしまいます!

本誌では「相続」「贈与」ごとに、「基本」と「節税対策」で章分けしているので、各制度に対する漠然とした不安を払拭できる基礎知識から、事前に対策しておきたいお得な節税テクニックまでわかりやすく学べます。
相続では「相続の手続き」という章で、実際に相続発生時の対応もバッチリです!

複雑で難しい相続・贈与の基礎知識から、知らないと損をする節税術まで、わかりやすくまとまった「相続・贈与」本の決定版です!

amazon.co.jp書籍情報より引用

相続の処方箋 未熟な税制と新・資本主義のメカニズムから見える資産運用術

書籍情報

芦原 孝充(著)日刊現代(出版社)2024/1/25(発売日)190(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「相続が三代続くと財産がなくなる」とは、資産家や富裕層の間ではよく知られた言葉ですが、「何もしなければ、資産は受け継ぐだけで確実に目減りしていくといった意味合いを示します。

こうした目減りの原因は、主に相続税制によるものです。わが国の相続税率の高さは世界でもトップクラスであることから、ある程度の資産をお持ちの方は、相続をする度に財産の約半分が税金として流出することになります。また、その相続に際しては、家族の結婚や独立といった理由による相続分の流出がこれに加わります。

しかし、財産が失われてしまうのは、何もしなかった場合のことです。失わずに済むことをすれば、三度の相続を経ても、財産を減らすことはありません。財産を失わずに済む方々には、ある一定の特徴があります。本書ではそのメカニズムについて、次の3章構成で解説していきます。

第1章は、相続税制度と「家のあり方」について。
第2章は、資本主義経済のメカニズムについて。
第3章は、「都心の一等地」の優位性について。

先行きが不透明なこの時代において「大きな武器」を持ち、「相続によって断ち切られることのない資産」をつくるためのヒントを詰め込んだ1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Q&Aと事例にみる みなし贈与・みなし譲渡 ー生前対策の課税リスク-

書籍情報

TAXパートナーズ税理士法人 山口満, 清水希江子(著)新日本法規出版(出版社)2024/1/5(発売日)322(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

課税判断の分岐点を読み解く!

◆Q&A編では、財産の移転を伴う相続対策を検討する際に知っておくべき税務上の留意点を概説しています。

◆事例編では、財産移転価額などが問題となった判例・裁決例における判断のポイントを図表を用いて分かりやすく解説しています。

◆相続事案に精通した税理士が、豊富な実務経験と知識を生かして執筆しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

税理士が【生前贈与も】アドバイス!!相続手続で困らないエンディングノート

書籍情報

板倉 京 , 羽田 リラ(著)ぎょうせい(出版社)2023/12/10(発売日)56(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

相続・贈与に関する最新税制改正の内容を反映!
税理士が書き方や相続(税)の基礎知識を分かりやすく解説する書き込み式エンディングノート!


★知らないと損をする!生前贈与も含めて、家族トータルの相続税を踏まえたエンディングノート作成のポイントを税理士がアドバイス!
★ノートに沿って、書き込んでいくと、相続税も自分で確認できるうえに、老後資金の計算もできる1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

税金のことが全然わかっていないド素人ですが、相続税って結局どうすればいいのか教えてください!

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

2024年1月1日から、相続税の制度が一部変わります。

従来よく使われていた年110万円までの生前贈与は、きちんと手続きを踏まないと、今後は相続税の課税対象になりかねません。
「相続税なんて私には関係ない」と思っていても、少子化によって祖父母世代の遺産が、頭数が少ない子ども世代に集中し、予想外に相続税の課税対象になってしまうケースも増えています。

本書では、ネコタ先生と化した相続専門公認会計士・税理士の著者が、複雑でわかりづらい相続税制度の全体像を、イラストと文章の見開き構成でわかりやすく説明します。
「転ばぬ先の杖」として、相続税対策の基本をみっちり指南します!

amazon.co.jp書籍情報より引用

自分と家族の生前の整理と手続き 弁護士・税理士が教える最善の進め方Q&A大全

書籍情報

根本達矢など弁護士・税理士4名(解説)文響社(出版社)2023/12/7(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

高齢者だけでなく若く元気な人でも事故で突然命を落とすことがあります。
そんなとき、配偶者や子供が困らないように、50代60代から行っておくべき生前の整理と手続きがたくさんあります。

資産家であれば生前贈与や相続対策が求められますが、資産1000万円以下の人にも相続トラブルが多発しており、相続に備える生前の整理と手続きは誰にも必要です。

例えば、預貯金・株式・債券・生命保険・不動産・家財など全資産の資産目録を作り、不要な資産は解約または処分します。
金融機関の口座を1つに整理するだけでも、家族の相続手続きはかなりラクになるのです。

また、預貯金の通帳・印鑑・カードの保管場所、暗証番号、借入金や連帯保証の有無と金額、遺言書の有無と保管場所に加え、認知症や植物人間になったときの医療の希望、お墓や葬儀の希望などを家族にきちんと伝えておく必要があります。

最近は、パソコンやスマホの契約やデータなどのデジタル遺品やネット銀行・ネット証券・暗号資産を巡る相続トラブルが増えており、これらを生前にどう整理しておくかも大きな問題となっています。

本書は、こうした生前の整理と手続きを進めるときに必ず生じる150問に「一問一答式」で図解やマンガを駆使してわかりやすく解説しています。
難解な法律用語もかみ砕いて解説しているので、法律や税金に不慣れな人でも一から学べる入門書です。

家族に伝えるべき情報の書き忘れを防ぐ「3大書き込みシート」「エンディングノート」つき! 
2024年1月施行の生前贈与ルール改正に完全対応!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

専門家としての遺言書作成、生前贈与、不動産管理法人、生命保険の活用による税務実務 改訂版

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

税理士にとっての「相続」関係のマーケットは意識せざるを得ない分野です。
近年、民法の改正、相続登記の義務化、相続時精算課税制度の改正、生前贈与加算の改正などもあり、これまで以上に、計画的な相続対策が必須となっています。

本書では、資産税領域の税務実務に精通する著者が、4つの相続対策として、(1)遺言書作成、(2)生前贈与による相続対策、(3)不動産管理法人の活用、(4)生命保険を活用した相続対策、これら基本項目を実務家の立場から詳細に解説します。

クライアントに対して、実際にどのように提案を行うのかを、事例や根拠となる裁判例・裁決例、法令・通達等を交えて、丁寧に解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

よくわかる相続&贈与 2024年版 (日経ムック)

書籍情報

日経BP 日本経済新聞出版(編集, 出版社)2023/10/30(発売日)146(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

相続に向けた事前対策と、相続が起きたらやるべきことを、ぎゅっと凝縮!

●相続の基本と最新の制度改正を解説

2022年に全国で亡くなった人(被相続人)の数は戦後最多となりました。
課税対象となる被相続人も増え続け、2021年は約13万4000件の申告があり、相続税申告額の合計は2.4兆円にのぼります。
被相続人数は今後も増え続けると予想され、相続対策は多くの人にとって悩みのタネになりそうです。

相続のルールは非常に複雑で、しかも相続が発生してから10カ月以内にさまざまな手続きをこなさなくてはならず、課税対象となるような財産がある場合は、被相続人・相続人ともに事前の準備が欠かせません。
さらに、十分な対策をしても、関連する法制度が毎年変わるため、こまめにチェックをして見直す必要があります。
最近では2023年6月に国税庁がタワーマンションの評価額の見直し案を公表し、余波を広げています。
また、2024年1月から施行される贈与税の改正も注意が必要です。

本書は相続の基礎知識と最新動向をまとめたムックの最新版です。
生前対策から亡くなったあとの手続き、相続税の計算方法、遺産分割のルールなど、相続の基本をわかりやすく解説するとともに、最新の制度改正についても詳しく紹介しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

相続税務のプロが教える あなたにピタリの財産贈与方法 生前資産整理ノート

書籍情報

奥田 周年(監修)日本文芸社(出版社)2023/10/26(発売日)80(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

エンディングノートは各種さまざまありますが、「相続トラブルを避けるための」税理士監修による「生前資産整理ノート」は、本書が本邦初、他に類を見ない唯一の整理ノートです。

監修者・奥田税理士によりますと相続トラブルになりやすいケースは、被相続人の資産が債務も含め多岐にわたり複雑である場合、相続人同士がそもそもの関係が良好ではない場合、被相続人の意志が曖昧で場当たり的な発言をしていた場合、などが挙げられます。

また、税務署から追徴金を課せられるケースは、歴年の所得や所有資産に対し申告財産が少ない場合などに調査が入ります。
申告漏れに対する過少加算税も、隠ぺいに対する重加算税も、相続人には余計な負荷がかかりますし、トラブルの種にもなってしまいます。
こういったトラブルを招かないために「生前資産」をきちんと整理しておくことが肝要なのです。

また、遺産分割での揉め事を起こさないためには遺書を残しておくことが重要なのですが、このノートでは特に、2020年から導入された「自筆証書遺言書保管制度」を詳しく説明しています。

さらには、不慮の事故や病気で要介護状態になったり、認知機能に支障をきたすことがあるかもしれません。
もしもの時のためにリビングウィルをまとめておくことも、家族・親族のトラブルを未然に防ぐ手立てとなることでしょう。

あなたの生前資産を整理しながらこれまでの人生を振り返り、これからの人生をどう生きるかを見定める座右の人生ノートとして大いにご活用ください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【最新版】事例でわかる相続税の生前対策

書籍情報

税理士法人チェスター(監修)円満相続を応援する税理士の会(編集協力)エッサム(著)あさ出版(出版社)2023/9/20(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

相続税・贈与税のルールが変わり、相続税対策は富裕層だけの問題ではなくなってきました。

ところが、財産を持つ親が亡くなってから「じつは相続税がかかりそうなのですが、何とかならないでしょうか?」と税理士に相談する人も少なくありません。
結果的に、ほとんど節税ができず「こうしておけばよかった」「あれもできた」などと、後悔することも多いです。
相続が始まってからでは、とれる節税策は限られるのです。

そこで本書では、「自分の財産をなるべく多く、次世代に遺したい」という思いを持つ人のために、今おこなうべき具体的なアプローチを1冊にまとめました。

相続で発生する悩みやトラブルから、その予防策・事後策を紹介するとともに、贈与や相続に関する税制、特例などもくわしく解説しています。
自身が生きているあいだに対策を始めれば、相続をスムーズに、そして節税効果が高いかたちで乗り越えていけるはずです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

有利・不利の分岐点がわかる! 変わる生前贈与とタックスプランニング

書籍情報

河合 厚 , 前山 静夫 , 小林 寛朋(著)ぎょうせい(出版社)2023/8/12(発売日)232(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

詳細なシミュレーションで 生前贈与のタックスプランニングの要点がわかる!

<本書の三大特長>
1 令和5年度の相続税法改正(※)にいち早く対応した実務書!
2 新税制の下における生前贈与と相続税との関係や考え方がケース別でわかる!
3 想定事例を元にした詳細なシミュレーションにより、今後のタックスプランニングの要点やコツが摑める!

※令和5年度の相続税改正では、次の改正が行われました。
(1) 生前贈与した金額や財産を相続財産に含める期間を相続前の3年から7年に延ばす増税の実施。
(2) 相続時精算課税による贈与については毎年110万円までは課税しない「基礎控除」を設け、既存の非課税制度と併せて、親から子や孫へ生前贈与しやすい環境の整備。

amazon.co.jp書籍情報より引用

令和5年からはじめる 計画的生前贈与のシミュレーション

書籍情報

松岡 章夫, 山岡 美樹(著)大蔵財務協会(出版社)2023/4/11(発売日)132(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

令和5年度税制改正による相続税・贈与税の課税方式の改正により、幅広い層に対して早期の贈与を促進する改正となりました。

そこで、本書では課税方法の選択のポイントを示した上で、相続も見据えた「効果的な計画贈与」とするために、ケース別にシミュレーションを行い、贈与の期間や金額の最適値を検証しました。一冊です。

● 資産額、贈与期間のケース別に、贈与な贈与とするためには、「どのくらいの期間で、どのくらいの金額を贈与していくべきか?」について、限界税率を示して具体的に解説

● 暦年課税と相続時精算課税の選択のポイントを掲載

● 贈与税の非課税制度の概要を掲載

● 相続税・贈与税の一体化に向けた今後の課題

● 令和5年度改正(相続税・贈与税関係)について、改正のポイントとして、改正による影響などについてコンパクトに解説

amazon.co.jp書籍情報より引用

生前贈与 よくある質問と回答

生前贈与について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

生前贈与とは何ですか?

回答: 生前贈与とは、個人が生きている間に財産を他人に無償で譲渡することを指します。

通常、親が子や孫に対して資産を移転する場合に多く用いられます。

生前贈与は相続税の節税対策としても利用されることがありますが、税法上のルールや免税枠に注意が必要です。

生前贈与の税金はどのように計算されますか?

回答: 生前贈与の税金は贈与税として計算されます。

贈与される金額から基礎控除額(現在は110万円)を差し引いた額に対して、贈与税率が適用されます。

しかし、例えば教育資金や住宅資金の贈与には特例があり、一定の条件下ではこれらは非課税となることがあります。

生前贈与のメリットは何ですか?

回答: 生前贈与のメリットは以下の通りです:

  1. 相続税の節税: 相続時に課税される財産を減らすことができます。
  2. 資産の有効活用: 受贈者が資産を生前に受け取ることで、教育資金や住宅購入などに有効活用できます。
  3. 贈与者の意志に基づく資産分配: 生前に自分の意志で資産を分配することが可能です。

生前贈与に適用される免税枠や特例はありますか?

回答: 生前贈与には以下のような免税枠や特例があります:

  1. 教育資金の贈与特例: 子や孫の教育資金として贈与する場合、一定の条件を満たせば税金がかかりません。
  2. 住宅取得資金の贈与特例: 住宅を購入するための資金として贈与する場合、一定額までは非課税となります。
  3. 年間110万円の基礎控除: 1年間に贈与される金額が110万円以下であれば贈与税は発生しません。

生前贈与を行う際の注意点は何ですか?

回答: 生前贈与を行う際には以下の点に注意が必要です:

  1. 税法の理解: 贈与税の計算方法や免税枠、特例に関する税法を正しく理解することが重要です。
  2. 贈与の記録: 贈与の事実や金額、用途などを正確に記録しておくことが必要です。
  3. 受贈者の資産状況: 受贈者の資産状況や収入によっては、贈与後の税金負担が変わることがあります。
  4. 相続計画との整合性: 生前贈与は相続計画の一部として考えるべきであり、全体の資産配分や家族間のバランスを考慮する必要があります。

PR

生前贈与のスキルが活かせる職種とは?

生前贈与に関する知識や経験は、相続計画、税務対策、資産管理といった分野で非常に重要です。

生前贈与は、財産を次世代に円滑に移転する方法の一つとして、また相続税の負担を軽減する戦略としても利用されます。

このような知識や経験を活かせる職種には以下のようなものがあります:

  1. 税理士:
    • 個人や企業クライアントに対し、税務申告、税務計画、特に生前贈与を含む相続税対策のアドバイスを提供します。生前贈与による税負担の最適化策をクライアントに提案します。
  2. ファイナンシャルプランナー(FP):
    • 個人の資産管理や相続計画に関するアドバイスを行います。生前贈与を活用した資産移転の計画立案や、将来の財務目標達成に向けた戦略を提供します。
  3. 法務専門家(弁護士):
    • 相続法や贈与に関する法律相談を提供します。生前贈与契約の作成、法的問題の解決、遺産相続における紛争の予防や解決策を提案します。
  4. 不動産コンサルタント:
    • 不動産を対象とした生前贈与に関するアドバイスを行います。不動産の評価、贈与に関する手続き、不動産の有効活用に関する計画をサポートします。
  5. 信託銀行員/資産管理アドバイザー:
    • 資産の信託管理や運用を担当し、生前贈与を含む資産管理計画の策定を行います。顧客の資産保全と税負担軽減を目的としたアドバイスを提供します。
  6. 公証人:
    • 生前贈与に関する公正証書の作成を行います。贈与契約の公正証書作成を通じて、贈与の正式性を保証し、将来のトラブルを防ぎます。
  7. 相続プランナー:
    • 相続に先立って資産の有効な移転方法を計画します。生前贈与を含む相続計画の立案、相続税の軽減策、遺言書の作成支援などを行います。

これらの職種では、生前贈与に関する深い理解が必要とされ、クライアントに対して、資産移転の最適な方法を提案し、相続に関連する様々な問題を事前に解決するための支援を提供します。

生前贈与に関する専門知識を持つプロフェッショナルは、個人や家族の財産保全と相続税対策の面で重要な役割を果たします。

まとめ

生前贈与について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、生前贈与がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。