【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】電子帳簿保存法がわかる本おすすめ3選+最新情報

「電子帳簿保存法がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

電子帳簿保存法(電帳法)について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

電子帳簿保存法とは、企業が紙の帳簿や書類ではなく、電子データとして会計資料を保存することを可能にする法律。この法律により、デジタル化が進む現代において、企業の効率化、コスト削減、環境負荷の軽減が期待されています。ただし、保存には国税庁の定める一定の基準があり、適切な管理とセキュリティが求められます。

まずはじめに、電子帳簿保存法がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本、そしてオンライン講座を紹介します。

  • 会計士や税理士:最新の法規制と実務処理について知識を深めたい。
  • 企業の財務・経理部門の担当者:法的要件を満たした電子帳簿の管理方法を学びたい。
  • 中小企業の経営者:電子帳簿保存法の要件に適合するための知識が必要。
  • 法律専門家:法規制の変更点や適用事例について研究・アドバイスを行う。
  • IT専門家:適法な電子帳簿保存システムの設計や管理に関わる。
  • 税務関連のコンサルタント:クライアントに電子帳簿保存法の適用に関するアドバイスを提供。
  • 監査人:電子帳簿保存法に準拠しているかどうかのチェックを行う。
  • 政府や行政機関の職員:法律の施行や監督に関与。
  • 法律や会計の学生:現代のビジネス環境における法的・会計的要件について学ぶ。
  • ビジネスオーナー:自社の会計プロセスをデジタル化し、法規制に準拠する方法を探している。

あなたの興味関心にあった本や講座をみつけて、ぜひ読んでみてください!

電子帳簿保存法の本 おすすめ3選

電子帳簿保存法がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

図解と会話でまるわかり!電子帳簿保存法がすべてわかる本

書籍情報

脇田弥輝(著)ソーテック社(出版社)2024/3/19(発売日)136(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「2024年1月1日から電子帳簿保存法が大きく変わった!」ということをCM等で耳にして焦っていませんか?
「でも、何も対応してないまま…」という方も、まだまだいらっしゃると思います。

電子帳簿保存法は確かに大きな改正がありました。
ただし、システム会社が過度に不安を煽っているのではないかと思う部分もあります。
帳簿や書類の保存の仕方について、何もかも電子化しなければいけないわけではありません。

本書では、「これだけは最低やらないといけない」ことと、「やりたい人はやってもいい」ことの両方について説明しています。
まずは「やらなければいけないこと」からスタートして、次に「やりやすいこと」に着手して、もっとできそうだと思ったら「ガンガン電子化を進めてみる」とよいでしょう。
自分に当てはまる章から読んで、取り組んでみてください。

本書が、電子帳簿保存法について、どのような準備や対応をすればいいのかの指針になれば幸いです。
(「はじめに」より)

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社・著者ポスト

これだけ知っておけばOK! 電子帳簿保存法がわかる本

書籍情報

中島 典子(監修)宝島社(出版社)2024/1/13(発売日)80(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

2022年1月の電子帳簿保存法の改正時に設けられた猶予期間が、2023年12月末に終了します。
電子データの保存が義務化されるのは2024年1月から。

しかし、電子取引の請求書対応について未着手の会社はまだまだあります。
そもそも、当事者のサラリーマンでも電子帳簿保存法を理解している人はまれです。

そこで義務化によってどのような影響があるかをイラストや図版で解説、対応の仕方をわかりやすく教えます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

税務調査完全対応 電子帳簿保存法 税理士からの疑問・質問150選

書籍情報

十文字 俊郎(著)税務研究会出版局(出版社)2023/9/26(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

◆「電子帳簿保存法」と「税務調査」の関連性を詳しく解説!!

電子帳簿保存法では、税務調査の際に適切に確認が行われ、調査に支障を及ぼさないことが原則としてあります。
セミナーや解説書で準備を整えてはいるものの、税務調査での対応はどうなるのかということに不安を覚えるのではないでしょうか。

本書は、電子帳簿保存法と税務調査に精通した国税出身の著者が、電子帳簿保存法の制度の特色から改正の概要についての解説はもちろん、各種取扱いにおける税務調査での対応について詳細にわかりやすく解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

電帳法の名著・ロングセラー本

電子帳簿保存法の名著・ロングセラー本について、紹介します。

第3版 電子帳簿保存法の制度と実務

書籍情報

PwC税理士法人(編集)清文社(出版社)2023/10/30(発売日)490(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

改正電子帳簿保存法について、制度の仕組みと実務上のポイントをわかりやすく、かつ詳しく解説。

数多くの企業の電子帳簿保存法対応を支援してきた著者法人のノウハウを凝縮し、システム対応のポイントや実際の事例、電子インボイス、電子契約等まで言及した必携書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

改正電子帳簿保存法とインボイス制度対策のための 経理DXのトリセツ

書籍情報

児玉 尚彦 , 上野 一也(著)日本能率協会マネジメントセンター(出版社)2022/12/18(発売日)248(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

あらゆるビジネスでDXが推進され、電子取引の普及が加速するなか、もっともデジタル化・ペーパーレス化が遅れているのが経理部門といわれます。
古くから続く紙とハンコの商習慣から脱却できず、そのせいでテレワーク・在宅勤務もできない状況です。

そこで本書では、ペーパーレス化できない原因や問題点を整理し、社内の伝票や帳票をはじめ、取引先との契約書、請求書、注文書、領収書などの電子化、そのデータの保管方法やツールの利用方法、移行の仕方など経理業務の合理化について、企業会計とDXに詳しい二人の専門家が詳しく解説します。

また、令和4年1月から義務化され、令和5年12月末までに対応の電子取引の電子による保存(電子帳簿保存法の改正)や、令和5年10月より導入の消費税率や消費税額を請求書に明記する適格請求書(インボイス)方式(消費税インボイス制度)を考慮し、勝手な判断で誤ったデジタル化・ペーパーレス化をしないための実務ポイントも丁寧に指南します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

即効!電子帳簿保存法対応マニュアル

書籍情報

大山 誠(著)秀和システム(出版社)2023/7/15(発売日)204(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

2024年1月より電子取引データの保存が義務化する電子帳簿保存法について、制度の基礎解説から実務にあたっての対応方法、インボイス制度との関連と対応、電子化・ペーパーレス化のポイントまで網羅して解説します。

コンパクトにまとめた「要点」と読者の疑問に答える「会話」と詳細解説がセットになっており、手早く確認するのにも、じっくり理解を深めるのにも役立ちます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

最新の電子帳簿保存法の本

近日発売予定や最近発売された最新の電子帳簿保存法の本を紹介します。

6月に発売される電子帳簿保存法の関連書籍は見つかっていません。

デジタル化の基盤 電帳法を押さえる(令和6年1月施行対応版):松崎 啓介(著)

書籍情報

松崎 啓介(著)税務研究会出版局(出版社)2023/11/13(発売日)288(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

●令和5年10月からインボイス制度が実施され、令和6年1月からは電子帳簿等保存制度の電子取引データの書面出力による保存が認められなくなります。インボイスを電子で授受すれば電子帳簿保存法の保存要件に従った保存が求められるようになり、また全ての事業者を対象とする電子取引データ保存制度は、各事業者の実情に応じて、保存要件に従った保存方法を決めなければなりません。

●このように、社会全体のデジタル化を進める上で、電子帳簿等保存制度はその基盤を成す制度として今後大きな役割を果たしていくことになります。

●本書は、電子帳簿等保存制度全般について、最新の情報に基づいて詳細に解説するとともに、実務で注意すべき項目をQ&A形式で説明し、今後必要となる実務対応、税務行政がデジタル化によってどう変わろうとしているのか、これからのメイン証憑となる電子インボイスと電帳法との関係などについても取り上げています。

●電子取引に係るデータ保存の義務化にどのように対応すべきかを知りたい方や、優良な電子帳簿やスキャナ保存の導入を検討している法人企業の経理業務に携わる方、システム対応までは考えていないという個人事業者の方、そしてそれらの顧問税理士や保存義務者としての税理士自身にも役立つ一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

これだけは押さえておきたいインボイスと電帳法のルール:猪野茂ほか(著)

書籍情報

辻・本郷 税理士法人 , 辻・本郷 ITコンサルティング株式会社(編集)猪野茂 , 菊池典明(著)中央経済社(出版社)2023/10/2(発売日)212(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

いまさら聞けないインボイス・電子帳簿保存法のキホンから制度開始に向けた体制準備に役立つ実務対応まで。

検討・対応が不十分でないか、対応漏れがないかのチェックリスト付き。

amazon.co.jp書籍情報より引用

国税庁Q&A対応 中小企業の電子帳簿・取引サポートブック (完全対策版):佐久間 裕幸(著)

書籍情報

佐久間 裕幸(著)ぎょうせい(出版社)2023/9/27(発売日)344(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

令和6年から電子取引のデータ保存※は完全実施へ
電子帳簿保存法をクリアしてDXに導く一冊
 ※令和6年以降の新たな猶予措置は【紙】+【データ】の保存が必要

◆経理のデジタル化の進み具合に応じて「令和5年末までの準備」&「令和6年以降のデータ保存」への対応がわかる!!
 ☆電帳法創設時から6冊目の第一人者による完全版!!

◆完全デジタル化によるDX【生産性アップ】に必須の「電子帳簿」「スキャナ保存」「電子取引」の電帳法上の要件を完全マスター!!

amazon.co.jp書籍情報より引用

【増補改訂】インボイス・改正電子帳簿保存法に対応! 個人事業主の事務処理がぜんぶ自分でできる本:北川 知明(著)

書籍情報

個人事業主の事務処理を網羅! インボイスと電子帳簿保存法にも完全対応!!

本書は、個人事業主を対象に、必要とされるであろう事務処理のやり方を解説しています。

見積書や請求書の作り方、売掛金や買掛金の管理、書類のファイリングなどの基本的な事務処理から、青色確定申告のために必要な会計処理、さらにはパートなどを雇ったときの給与計算などのやり方までフォローをしています。

個人事業主の強い味方となる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる本 増補改訂 インボイス・改正電子帳簿保存法に対応!:北川 知明(著)

書籍情報

インボイスと電子帳簿保存法に完全対応!

本書は、中小企業の事務処理全般に関する、経理・人事・総務の手続きについて解説しています。

はじめてこれらの業務に携わる人を対象に、それぞれの業務の概要と具体的な手続きについて図解を交えて解説しています。

・この仕事はいつから始めて締め切りはいつ? →各業務の詳細な実行スケジュールを掲載。
・書類の書き方がわからない →書き方のポイントを丁寧に解説。
・前任者のやり方を続けているけど大丈夫? →なぜその作業が必要かがわかる。

巻末に「小さな会社のためのよく使う勘定科目リスト」を収録。

amazon.co.jp書籍情報より引用

60分でわかる! 電帳法&経理DX 超入門:土屋 裕昭ほか(著)

書籍情報

土屋 裕昭 , 大沢 大作(著)技術評論社(出版社)2023/6/26(発売日)136(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

今さら聞けない電帳法の概要と、インボイス対応も含む経理のデジタル化がわかる!

2022年1月の電子帳簿保存法の施行時に設けられた宥恕(ゆうじょ)期間が、2023年12月末に終了します。
電子データの保存が義務化される2024年1月1日まで、もう猶予はありません。
しかしながら、電子取引の請求書対応についての対策や対応をこれから検討する会社、サービスの導入や業務フローの変更について未着手の企業など、まだまだ存在します。

本書は小規模事業者・個人事業者にも適用される電帳法のねらいから、「電子帳簿等」、「スキャナ」、「電子取引データ」3つの保存について実務レベルでの解説、電帳法対応に伴う経理のDX化(電子契約など)に関する情報までを1冊で提供します。
マネーフォワードなど導入実績の高い会計経理ソフトに基く解説で、具体的に何を準備すればよいかがわかる、ITリテラシーに自信のない経理担当者にも読み解ける1冊です。

(こんな方におすすめ)
・2024年1月から義務化される電子帳簿の保存についてこの期に及んで知らないとは言えない経理マン
・電子取引やタイムスタンプなど、経理のデジタル化&ペーパレス化を目論む小規模零細企業の経営者と経理担当者
・請求書を授受する部署の事務担当者
・取引先のルールに従って請求書を発行する必要のある個人事業者やフリーランス

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

税理士のための税務調査・電子帳簿保存法ガイドブック:酒井 克彦(監修)

書籍情報

酒井 克彦(監修)東京税理士会業務対策部(編集)税理経理協会(出版社)2023/6/7(発売日)236(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

税務調査手続規定の微修正を加えながら電子帳簿保存法の大きな改正をわかりやすく解説した、税理士による税理士のための実務解説書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

会話でスッキリ 電帳法とインボイス制度のきほん(令和5年度税制改正大綱対応版):小島孝子(著)

書籍情報

小島 孝子(著)株式会社マネーフォワード(編集協力)税務研究会出版局(出版社)2023/3/20(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

セミナーや書籍で人気の小島孝子税理士が書いた、究極にわかりやすい「電帳法とインボイス制度の入門書」です。

令和5年度改正について税制改正大綱をもとに追加し、対応のポイントをまとめました。

マネーフォワード社のセミナーに寄せられた質問から厳選した、今知りたい内容について、税理士とマネーフォワードが誌上で回答しました。
「経理のデジタル化」という切り口からこれらの制度を愉快な登場人物たちとともに学べます。

何がわからないか、わからない方にもおすすめの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Q&A 一目でわかる! インボイス制度と電子帳簿保存法:コンパッソ税理士法人(編集)

書籍情報

コンパッソ税理士法人(編集)ビジネス教育出版社(出版社)2023/2/18(発売日)120(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

登録の選択を迫られる個人事業主、取引先との対話が求められる企業は、どう対応すればよいのか。

押さえておきたい要点を簡潔に解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

税理士事務所におけるインボイス・電子帳簿の実務対応:永橋 利志(著)

書籍情報

永橋 利志(著)税務研究会出版局(出版社)2023/2/1(発売日)152(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

改正電子帳簿保存法が施行され、令和5年10月1日からはインボイス制度がスタートします。
そうした動きの中、税務に係る多くの業務においてデジタル化が進むことを前提に、税理士事務所は事務所内やその関与先での電子データの保存について、どのような対応が合理的であり、業務の効率化につながるのかを考え、準備しなければなりません。

本書は、令和5年10月にインボイス制度がスタートした際の取引に係る記帳方法や税務調整について注意点をあげて説明するとともに、インボイス導入後の実務上の留意点を取り上げています。

また、電子帳簿保存については、3つの柱である電子帳簿保存、スキャナ保存、電子取引のポイントをまとめ、税理士事務所や関与先が知っておきたい対応方法についてわかりやすく解説しています。

税理士や税理士事務所の職員の皆さまが、新しい制度への対応策を検討する際の一助となる一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

クラウド会計を活用した 電子帳簿保存法 対応の実務:戸村 涼子(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

電子帳簿保存法は、各税法で原則として紙ベースでの保存が義務づけられている帳簿書類について、特例としてデジタルなデータによる保存を可能とし、また電子取引により授受したデータの保存を義務づける法律です。

たび重なる改正(とくに2020年の要件緩和)により、いま多くの事業者が対応・活用を検討しています。
2023年10月にはインボイス制度が開始することもあり、電子インボイスの導入をも見据えた上での「紙のファイルの保存からデータ保存への移行」も考えられるところです。

なお、近年の電子帳簿保存法の改正には、いま急速に普及しているクラウド会計の使用を意識した内容が数多く含まれています。
そのため、法改正を受けて「自社に必要なアクション」を検討するためには、法律の内容だけでなく、クラウド会計への理解が大切です。

そこで本書は、クラウド会計ソフトの導入や事業所のペーパーレス化を支援しており、電子取引にも詳しい税理士が、前提となる法的知識と、クラウド会計を活用して電子帳簿保存法に対応するための具体的実務を解説します。
「自社に必要なアクションはなにか」がわかる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

電子帳簿保存法 オンライン講座

オンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)で、電子帳簿保存法のオンライン講座を受講できます。

Udemyで人気のオンライン講座について、講座概要・対象学習者・学習内容をUdemy公式サイトより引用して紹介します。

Udemyの使い方をくわしく知りたい場合は、ブログ記事をごらんください。

【令和5年度改正】いちばんわかりやすい「電子帳簿保存法」の基礎知識

講座概要

タイムスタンプって何?優良な電子帳簿とは?電子化のメリットは?何が電子取引に該当するの?どこまでやれば法律違反にならないの?などなど、さまざまな疑問がこのコースで解消できます!

  • 最終更新日:2023年7月
  • 2.5時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • 企業の経理担当者
  • 個人事業主・フリーランス
  • 会社経営者・起業家
  • 電子帳簿保存法の基本が知りたい方
  • 電子帳簿保存法に違反するとどんなペナルティがあるのか知りたい方
  • 電子帳簿保存法という言葉をよく聞くけど、中身をよくわかっていない方

学習内容

  • 電子帳簿保存法の全体像
  • 電子取引の範囲
  • 電子帳簿保存法が求める3つの種類
  • 電子での保存が求められる事業者
  • 電子データとして保存が求められる取引情報
  • 電子保存をするための要件
  • タイムスタンプとは何か
  • JIIMA認証とは何か
  • 最も低コストで電子帳簿等保存法に対応するための方法

Udemy公式サイトで詳しくみる

【令和5年度改正】いちばんわかりやすい「電子帳簿保存法」の基礎知識 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

よくわかる電子帳簿保存法の基礎知識

講座概要

このコースは、よくある電帳法の改正点や条文を順番どおり解説するセミナーではありません。
電子帳簿保存法に初めて触れる方が、その内容をわかりやすく理解できるように構成した、いわば学習するための講座です。

  • 最終更新日:2022年2月
  • 2.5時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • わかりやすく電子帳簿保存法を学びたい方
  • 社内のDX・デジタル化を進めている方
  • 業務システムの開発に携わるシステムエンジニア・プログラマーの方

学習内容

  • 電子帳簿保存法の基本を理解することができます。
  • 対象となる帳簿・書類・電子取引の種類や内容について学べます
  • 電子帳簿保存法を適用する場面と、その適否をYES/NOフローチャートで学べます
  • 要件の基本的考え方を理解し、内容を横断的にマトリクスで整理できます
  • 電子帳簿保存法に取り組むための順番・作業プロセスがわかります

Udemy公式サイトで詳しくみる

よくわかる電子帳簿保存法の基礎知識 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

電子帳簿保存法 よくある質問と回答

電子帳簿保存法について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

電子帳簿保存法とは何ですか?

回答: 電子帳簿保存法は、企業が取引に関する帳簿や書類を電子形式で保存することを認める日本の法律です。

この法律は、企業が紙の文書ではなく電子データとして帳簿を保存し、管理することを可能にし、デジタル化時代の効率的な帳簿管理をサポートしています。

電子帳簿保存法の主な目的は何ですか?

回答: 電子帳簿保存法の主な目的は、企業の帳簿管理の効率化とコスト削減を促進することです。

この法律により、企業は紙ベースの帳簿を電子ファイルに変換し、保存スペースの削減や検索の容易化、セキュリティの向上などのメリットを享受できます。

電子帳簿保存法における保存期間はどのように定められていますか?

回答: 電子帳簿保存法によると、企業は法定の保存期間内に帳簿や書類を保存する義務があります。

一般的に、帳簿や重要書類は最低7年間保存する必要がありますが、一部の文書にはそれ以上の保存期間が求められることがあります。

この保存期間は、税務調査や法的な必要性に基づいて設定されています。

電子帳簿保存法において、保存する際の要件は何ですか?

回答: 電子帳簿保存法に従って帳簿を保存する際には、データの完全性、可読性、検索性が確保される必要があります。

これは、保存されたデータが原本と同一であること、必要に応じて容易に閲覧・検索できることを意味します。

また、データの改ざん防止策やセキュリティ対策の実施も重要です。

電子帳簿保存法に違反した場合、どのような罰則がありますか?

回答: 電子帳簿保存法に違反した場合、税務調査において適切な帳簿記録が提供できないと判断されると、課税上の不利益を被る可能性があります。

これには、追徴税の課税や罰金などが含まれることがあります。そのため、適切な電子帳簿保存法の遵守は、法的なリスクを避けるために重要です。

電子帳簿保存法のスキルが活かせる職種とは?

電子帳簿保存法に関する知識や経験を習得することにより、特に会計、財務、税務処理、デジタルデータ管理、コンプライアンス監査などの分野で専門的な仕事を担当することが可能です。

電子帳簿保存法は、企業が電子的に財務記録を保管する際の法的要件を定めたものであり、適切なデータ管理とコンプライアンスの確保が重要となります。

以下に、電子帳簿保存法のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. 会計士/税理士:
    • 企業の財務記録や税務文書の電子保存に関するアドバイスを提供します。
    • 電子帳簿保存法に基づいた適切な記録保存方法やシステムの導入をサポートします。
  2. 内部監査士/コンプライアンスオフィサー:
    • 企業の電子帳簿保存プロセスが法的要件に準拠しているかを監査します。
    • コンプライアンスリスクの評価や管理策の提案を行います。
  3. ITシステム管理者/情報システム担当者:
    • 電子帳簿保存法に準拠したデータ管理システムやソフトウェアの選定、導入、管理を行います。
    • セキュリティ対策やデータバックアップの体制を整備します。
  4. ビジネスコンサルタント:
    • 企業が電子帳簿保存法に準拠するためのビジネスプロセスの改善やシステム導入のコンサルティングを提供します。
    • 法改正に対応した運用方針の策定や教育プログラムの提供を行います。
  5. 財務/会計マネージャー:
    • 企業内での電子帳簿の保存方針や手順の策定を担当します。
    • 財務データの正確性とアクセス制御、文書の整理・保管プロセスの管理を行います。

電子帳簿保存法に関する専門知識は、デジタル化が進む現代において、企業の財務・会計部門だけでなく、IT部門や法務部門でも求められています。

適切な知識と経験を持つ専門家は、企業が法的要件を満たしつつ、効率的でセキュリティの高いデータ管理体制を構築するための重要な役割を果たします。

まとめ

電子帳簿保存法(電帳法)について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介しました。

まずはじめに、電子帳簿保存法がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本、そしてオンライン講座を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本や講座をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。