【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2023年11月】Rubyがわかる本おすすめ3選+最新情報

「Rubyがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

プログラミング言語Ruby(ルビー)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、Rubyがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人向けに、最新のRubyの本Rubyの名著・ベストセラー本、を紹介します。

  • Ruby言語の基礎から学びたいプログラミング初心者。
  • ウェブアプリケーション開発にRubyやRuby on Railsを使用したい開発者。
  • 他のプログラミング言語(例えば、PythonやJavaScript)の経験者でRubyを新たに学びたい人。
  • オブジェクト指向プログラミングの概念を理解し、実践的に学びたい人。
  • スクリプト言語や自動化ツールの開発にRubyを活用したい技術者。
  • ソフトウェアの学生や教育者。
  • オープンソースコミュニティに貢献したいプログラマー。
  • パフォーマンスと生産性を重視するアプリケーション開発者。
  • DevOpsやシステム管理の分野でRubyを利用したい人。
  • テスト駆動開発やビヘイビア駆動開発に関心を持つエンジニア。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

Rubyとは?

Rubyは、1995年に日本のまつもとゆきひろ(通称Matz)によって開発された動的なオブジェクト指向プログラミング言語です。

Rubyは、シンプルでありながら強力で、コードが自然に読めることを重視して設計されています。

この「人間中心」の設計哲学は、プログラマが効率的に、そして楽しみながらコーディングできることを目指しています。

Ruby on Railsというフレームワークの登場により、Rubyはウェブアプリケーションの開発で特に人気を集めるようになりました。

簡潔で直感的な文法、豊富な標準ライブラリ、活発なコミュニティが、Rubyの主な魅力となっています。

---

※以上の文章は、ChatGPT Plusを使って作成しました。

プログラミング言語Rubyの本 おすすめ3選

Rubyがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

プロを目指す人のためのRuby入門[改訂2版] 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで:伊藤 淳一(著)

書籍情報

本書は、プログラミング言語Rubyの言語仕様や開発の現場で役立つRubyの知識を説明した本です。

豊富なサンプルコードで文法を学び、例題でプログラミングの流れを体験できます。

第1版(2017年11月発行)は、初心者の目線にたった丁寧な解説が好評で多くのRuby初学者に愛読され、いまやRuby入門書の定番とも言える存在です。

2020年末のRuby 3.0のリリースに伴い、全章にわたって記述内容を見直し、Ruby 3.0までの変更点や新機能に合わせて加筆・修正を行いました。

また、第1版にて読者から「難しい、わかりづらい」という声の多かったトピックの説明を改善するなど、より初心者に親切な内容に刷新しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

ゼロからわかる Ruby 超入門:五十嵐邦明ほか(著)

書籍情報

五十嵐 邦明, 松岡 浩平(著)技術評論社(出版社)2018/11/22(発売日)288(ページ数)

こんなにわかりやすいRubyの本は今までなかった! 

本書は、プログラミングが初めての方へ向けた、プログラミング言語Rubyの入門書です。

本業のRubyプログラマーを続けながら、一橋大学の社会学部でプログラミングを初めて学ぶ学生へ向けて講義をした筆者が、その経験をもとに、図を多く使って分かりやすく説明し、かつ実用的で役立つ内容を選びました。

Rubyはやりたいことを簡潔に書ける言語です。
学習の際に余計なことを考える必要がなく、学ぶ内容に集中できます。
これは初めて学ぶ言語として最高の特徴と言えます。
実際の使用例も多く、クックパッドなどのたくさんのRubyで書かれたWebサービスたちが世界で多数稼働しています。

この本の対象読者として、プログラミングをこれから始めたい方、他の言語を使ったことがあるがRubyは初めての方、Railsを学んだのでその基礎であるRubyを学びたい方、に当てはまる方は最適です。

本書ではプログラミングを基礎から学び、問題の解決方法を身につけ、分からないことを調べる手段を得ることができます。

また、本書のあとにRailsを学びたい方のために、Railsで使う基礎知識は可能な限り多く選んで書いています。

本書は執筆時の最新バージョンRuby2.5で説明し、Ruby2.3以降で動作が違う時は注釈を入れています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

研鑽Rubyプログラミング 実践的なコードのための原則とトレードオフ:Jeremy Evans(著)

書籍情報

Jeremy Evans(著)角谷信太郎(翻訳)ラムダノート(出版社)2023/4/14(発売日)392(ページ数)

「原則を学んで腕を磨き、さらなる高みを目指す」 —— プログラミング言語の入門書では、前半でコアとなる文法が説明され、ライブラリをはじめとする周辺機能の紹介や開発手法の説明などが続きます。

本書のスタート地点は、「その先」です。
言語が備える基本的な機能(クラス、メソッド、変数など)の性能を実践で極限まで引き出すための思考、ライブラリやDSLを自分で設計するコツ、メタプログラミングやデザインパターンとの付き合い方、データベースやフレームワークに対する心構え、そしてセキュリティへの取り組み方などを扱います。

業務で毎日のようにRubyのコードを書いているというプログラマーはもちろん、ちょっとしたコードならRubyで書いたことがあるという他言語のプログラマーにとっても、プログラミングにおけるさまざまな原則とトレードオフについて繰り返し考え直すきっかけになる貴重な中級者向け解説書です。

中級から上級のRubyプログラマー、 自分自身のプログラミングを改善するために原則とトレードオフを学ぶことに関心のある方におすすめの書籍です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

最新のRubyの本

おすすめ3選以外のRubyの本について、発売日の新しい順に紹介します。

11月に発売予定のRuby関連書籍は見つかっていません。

RubyではじめるWebアプリの作り方:久保秋真(著)

書籍情報

久保秋真(著)オーム社(出版社)2021/11/26(発売日)416(ページ数)

本書は、プログラミング言語の文法はだいたいわかったけど、実際にプログラム(アプリ)はどう(あるいは何を)作ればいいの?という読者向けに、具体的なプログラムの作り方を解説する初心者脱出のための指南書です。

「プログラミング言語の文法書を読み終えた後、実際にアプリを開発しようと思って調べて見ると知らない言葉ばかりで面食らった」
「細かなコードは書けるけど、少し規模が大きくなるとどう作ったらよいかわからない」
といった状況を打破できるように、本書では小規模なアプリ(Amazonの購入履歴を取得してExcelファイルに出力するアプリ(コマンドライン版と、それを拡張したWeb版))を実際に作りながら、その作り方と開発の流れをていねいに解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

小学生から楽しむ きらきらRubyプログラミング:高尾宏治ほか(著) 

書籍情報

高尾 宏治 , 藤村 健吾(著)まつもとゆきひろ(監修)日経BP(出版社)2020/5/21(発売日)

スモウルビー解説書の決定版! 
ビジュアルプログラミングとテキストプログラミングの両方が楽しめる! 

ブロック(ビジュアル)プログラミング言語「Scatch」とテキストプログラミング言語「Ruby」の両方の特徴を持つ「Smalruby」を使ったプログラミング入門書です。

Scratch同様に簡単にプログラミングを始められ、さらにテキスト言語への移行もスムーズに行えるよう、ブロックとテキストの両方でプログラムを書く方法を丁寧に解説します。 

新学習指導要領に対応した授業指導案が付属します(巻末付録)。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

リファクタリング:Rubyエディション:ジェイ・フィールズほか(著)

書籍情報

ジェイ・フィールズ , シェーン・ハービー , マーティン・ファウラー(著)長尾 高弘(翻訳)復刊ドットコム(出版社)2020/3/21(発売日)448(ページ数)

Rubyを使うエンジニア必読の書!
Martin Fowlerの名著『リファクタリング』のRuby対応全面改訂版が、ついに復刊!

Ruby初級者~中級者におすすめ。
リファクタリングを網羅的にまとめた名著でありながら、絶版になり古書価も高騰していました。
読者の方々の熱い声に応えての復刊です。

※本書は、2010年・アスキー・メディアワークス刊『リファクタリング: Rubyエディション』を復刻するものです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング:リブロワークス(著)

書籍情報

リブロワークス(著)高橋征義(監修)インプレス(出版社)2019/3/15(発売日)216(ページ数)

「プログラムの読み方をすべて載せる(ふりがなをふる)」という手法で究極のやさしさを目指した、まったく新しいRuby(ルビー)の入門書です。

本書内に登場するプログラムの読み方をすべて載せ、さらに、漢文訓読の手法を取り入れ、読み下し文を用意。
プログラムの1行1行が何を意味していて、どう動くのかが理解できます。

この新しいアプローチで「プログラムが読めないから、自分がいま何をしているのかわからない」といった、プログラミング入門者が途中で挫折してしまう原因を解決しました。

また、実際に手を動かしながら進むだけでなく、プログラムを考える応用問題も用意しているため、しっかりRubyの基礎文法を身につけることができます。

■本書はこんな人におすすめ
・Rubyの基本を身につけたい人
・過去にRubyの入門書で挫折してしまった人
・プログラマーやエンジニアを目指す人
・仕事でRubyやRuby on Railsを活用してみたい人

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

かんたん Ruby:すがわらまさのり(著)

書籍情報

すがわらまさのり(著)技術評論社(出版社)2018/6/21(発売日)464(ページ数)

いちばんやさしいRubyの教科書

本書は、「広く・正しく・新しく」をコンセプトにRubyでプログラミングをはじめるに当たって基本的なことはすべて学習できる内容となっています。

また、イラストによる図解方式で概念をやさしく解説しているので、プログラミングが初めての人でも安心して学習を進めることができます。

なお、章の最後には練習問題を収録しているので、内容がきちんと理解できたかを確認しながら学習できる教科書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

改訂2版 Ruby技術者認定試験合格教本(Silver/Gold対応):牧俊男ほか(著)

書籍情報

牧 俊男, 小川 伸一郎(著)前田修吾, CTCテクノロジー株式会社(監修)技術評論社(出版社)2017/8/25(発売日)536(ページ数)

Ruby技術者認定試験Silver/Goldに対応した公式テキストの新装改訂版です。

試験バージョン2.1にしっかり対応しました。

試験対策としてはもちろんですが、Rubyの文法をはじめ、オブジェクト指向や各種ライブラリなど、Rubyを使いこなす上で必須の基礎知識もしっかり身につきます。

巻末にはRuby技術者認定試験Silver/Goldに準拠した練習問題および模擬試験が付属します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

アジャイル時代のオブジェクト脳のつくり方 Rubyで学ぶ究極の基礎講座:長瀬嘉秀ほか(著)

書籍情報

長瀬 嘉秀, 小林 慎治, 大崎 瑶(著)まつもとゆきひろ(監修)翔泳社(出版社)2017/6/29(発売日)264(ページ数)

Rubyでオブジェクト指向をマスターするための究極の基礎講座! 

本書はアジャイル時代に適用させたオブジェクト指向の考え方についてわかりやすくまとめた書籍です。

オブジェクト指向の学習には、多かれ少なかれ、挫折がつきものです。
そのような挫折をなるべく避けるように、オブジェクト指向の基礎をRubyを通して学習します。
また楽しく学習できるようイラストや図をふんだんに使用しています。

本書を読んでオブジェクト指向型スクリプト言語であるRubyをきちんと使いこなせるようになれば、オブジェクト指向を正しく理解することにつながり、今までよりも読みやすく再利用性の高いプログラミングコードを書けるようになります。

はじめてオブジェクト指向を学ぶ人はもちろん、今までオブジェクト指向の学習に挫折してしまった人にもオススメの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例:佐々木拓郎ほか(著)

書籍情報

佐々木 拓郎, るびきち(著)SBクリエイティブ(出版社)2014/8/23(発売日)448(ページ数)

Webクローラーの作り方をディープに解説! 

Webから任意の情報を引き出す「クローラー」技術の概要と、クローラーの作成方法を解説します。

汎用的なクローラーの作成から、ブログ・Twitter・Facebookなどターゲットごとの活用法まで、データ収集効率を劇的にアップするクローラー技術をディープに解説します。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

7つの言語 7つの世界:Bruce A. Tate(著)

書籍情報

Bruce A. Tate(著)まつもとゆきひろ(監訳)田和 勝(翻訳)オーム社(出版社)2011/7/23(発売日)336(ページ数)

プログラマに新しい視点を与える7つのプログラミング言語 

複数のプログラミング言語とパラダイムを使いこなせれば、プログラマとしての幅が広がります。
本書は、1週間で1つの新しい言語を学ぶ"Seven Languages in Seven Weeks"を、Rubyの作者まつもとゆきひろ氏の監訳で発行するものです。

言語の特徴を映画の登場人物になぞらえて、Ruby、Io、Prolog、Scala、Erlang、Clojure、Haskellという個性的な7つの言語を紹介。
各言語の特性とそこにあるプログラミングパラダイムを、体験を通してものにしましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Rubyの名著・ベストセラー本

Rubyについての名著やベストセラー本を紹介します。

独習Ruby 新版:山田祥寛(著)

書籍情報

山田 祥寛(著)翔泳社(出版社)2021/9/13(発売日)608(ページ数)

Ruby言語の独学に最適な標準教科書として、長年にわたって読まれてきた『独習Ruby』。
プログラミング言語入門書の執筆で定評のある山田祥寛氏による完全書き下ろし
Ruby 3に対応して新登場です! 

本書では、Rubyでプログラミングを行う際に必要となる――フレームワークやライブラリを使う前に知っておきたい――基本的な知識/概念/機能、文法/プログラムの書き方を、さまざまなサンプルプログラムを例示しながら詳細かつ丁寧に解説します。

プログラミングの基礎知識がない方でも、解説→例題(サンプル)→理解度チェックという3つのステップで、Rubyの文法を完全習得できます。

Ruby言語の入門者、これからRuby言語で開発を始めたい初学者から、再入門者、学生・ホビープログラマまで、「一からRuby言語を学びたい」「Rubyプログラミングの基本をしっかり身につけたい」という方におすすめの一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

たのしいRuby 第6版:高橋征義ほか(著)

書籍情報

高橋 征義 , 後藤 裕蔵(著)SBクリエイティブ(出版社)2019/3/19(発売日)520(ページ数)

初版から17年。改訂とともに変化しながら、ずっと読まれ続けている定番書です。
第6版では、最新のバージョンに対応。

プログラミング初心者でも読み解けるように、チュートリアル、基礎、クラス、実践とテーマを切り分けて、平易に解説。
Rubyの基礎から応用までがわかる一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

改訂2版 Ruby逆引きハンドブック:卜部昌平ほか(著)

書籍情報

卜部昌平, 金子雄一郎, 泉谷圭, 伊藤大介, 加藤拓也, 河野湖々, 澤田剛, 濱田陽, 丸橋得真(著)シーアンドアール研究所(出版社)2018/8/28(発売日)768(ページ数)

書は「やりたいこと」から、Rubyの機能を探せる逆引きリファレンスが、バージョン2.3~2.5に対応して改訂しました。

圧倒的な情報量で、サンプルも豊富に掲載しています。Ruby開発者なら手元に置いておきたい1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

まとめ

プログラミング言語Rubyについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Rubyがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人向けに、最新のRubyの本Rubyの名著・ベストセラー本、を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。