【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】Ruby on Railsがわかる本おすすめ3選+最新情報

「Ruby on Railsがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

Webアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

Ruby on Rails(通称Rails)は、Ruby言語を基盤とした強力なWebアプリケーションフレームワーク。開発を迅速化する「Convention over Configuration(設定より規約)」の哲学と、「Don't Repeat Yourself(DRY)」原則により、コードの重複を減らし、効率的な開発を促進します。スタートアップから大企業まで、幅広く採用されており、素早く信頼性の高いWebサービスの構築を可能にします。

まずはじめに、Ruby on Railsがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本、そしてオンライン講座3選など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ウェブ開発者:Ruby on Railsを使用して効率的かつ迅速にウェブアプリケーションを開発したい。
  • プログラミング初心者:Ruby言語とRailsフレームワークの基礎から学びたい。
  • システムアーキテクト:Railsを用いた大規模なウェブアプリケーションの設計に興味がある。
  • フルスタックデベロッパー:フロントエンドとバックエンドの両方においてRailsのスキルを磨きたい。
  • スタートアップの創業者:ビジネスアイデアを迅速にプロトタイプ化し、市場に投入したい。
  • 学生:コンピュータサイエンスやウェブ開発のコースでRailsを学びたい。
  • ソフトウェアエンジニア:他のプログラミング言語やフレームワークからRailsへの移行を検討している。
  • 教育者:プログラミングやウェブ開発のクラスでRailsを教えたい。
  • フリーランサー:独立してウェブアプリケーション開発のプロジェクトを受注したい。
  • ITマネージャー:チームのプロダクティビティとRailsのベストプラクティスを向上させたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

Ruby on Railsの本 おすすめ3選

Ruby on Railsがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

Ruby on Rails 7 ポケットリファレンス:WINGSプロジェクト山内直(著)

書籍情報

WINGSプロジェクト山内直(著)山田 祥寛(監修)技術評論社(出版社)2022/10/20(発売日)624(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

最新機能を大幅増強!初のRails7対応

ロングセラーシリーズ・ポケットリファレンスのRuby on Railsが10年ぶりの改訂。 

「逆引き形式で目的からすぐ探せる」 
「サンプルコードを見ながら具体的な実装のイメージがつかめる」 
という特徴で、困ったときにすぐに役立ちます。 

Railsの基本からデプロイまでフォローする充実した内容はそのままに、Action Mailbox/Action Text/Action Cable/Active Storage/Active Jobなど重要コンポーネントを新規書き下ろしで大幅に増強。

累計100万部以上の技術書を送り出してきた山田祥寛氏の監修による、現場で役立つ信頼の1冊。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

現場で使える Ruby on Rails 5 速習実践ガイド:大場寧子ほか(著)

書籍情報

大場寧子, 松本拓也, 櫻井達生, 小田井優, 大塚隆弘, 依光奏江, 銭神裕宜, 小芝美由紀(著)株式会社万葉(監修)マイナビ出版(出版社)2018/10/19(発売日)480(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Railsアプリの基本から実践的なノウハウまでこの1冊で! 

本書は、Ruby on Rails(以下Rails)を使ってWebアプリケーションを開発するための解説書です。 

RailsでどのようにWebアプリケーションを作るのかという基本的なところから、現場のニーズに合わせてどのように機能を追加していくのか、テストはどのように行うのか、複数人で開発していく場合の方法といった実践的なトピックまで、幅広くカバーしています。 

本書を読んだ方が単にRailsでWebアプリケーションを作れるようになるだけでなく、「Railsらしいアプリケーションコード」を書けるようになり、そして開発チームの仲間とともに実現したいことを実現できるように、という視点で必要な情報をまとめた1冊です。 

なお、本書の対応バージョンはRuby 2.5/Rails5.2です。
Rails5.2から導入されたActive Storageやcredentials.yml.encについても解説しています。
macOS/Windows 10(64ビット版)対応。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

独習Ruby on Rails:小餅 良介(著)

書籍情報

小餅 良介(著)翔泳社(出版社)2019/6/19(発売日)560(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

現場で使える Ruby on Rails 5.2の基本

プログラミング言語RubyによるWebアプリケーション開発のフレームワーク「Ruby on Rails」が、『独習』シリーズに登場! 

Rails入門者だけでなく、プログラミング初心者も、
・解説→コード→演習
という形式で、自力で使えるようになるまで、基礎から通り学べる本格書。 

Railsを実際に教えている著者による、オブジェクト指向から、MVCモデルまで、しっかり、じっくり学べる一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Ruby on Railsの名著・ロングセラー本

Ruby on Railsについての名著やロングセラー本を紹介します。

パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】:すがわらまさのり他(著)

書籍情報

すがわらまさのり, 前島真一, 橋立友宏, 五十嵐邦明, 後藤優一(著)技術評論社(出版社)2020/7/25(発売日)528(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Rails 6.0を完全網羅。
Dockerでの導入方法など最新の実践的内容を紹介 

対象バージョンをRuby 2.6/2.7系、Rails 6.0系に変更した増補改訂版。

新しいRailsのバージョンでサポートされた機能の紹介だけでなく、Dockerでの導入方法など最新の実践的内容を追加し、現在のトレンドとなる開発スタイルを紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版:Sam Ruby, Dave Thomas, David Heinemeier Hansson(著)

書籍情報

Sam Ruby, Dave Thomas, David Heinemeier Hansson(著)前田 修吾(翻訳)オーム社(出版社)2011/12/1(発売日)480(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

WebアプリケーションフレームワークRailsによる開発のすべて、待望の第4版!

多様かつ高度なWebアプリケーションを迅速に開発するフレームワークとして、定番となったRuby on Rails。

本書はRailsの開発者自身が執筆に参加した原書Agile Web Development with Rails 4th Edition(2011年3月発行)を翻訳したものです。

日本語版ではRails3.1に対応しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Agile Web Development with Rails 7 (English Edition):Sam Ruby , Dave Thomas(著)

書籍情報

Sam Ruby , Dave Thomas(著)Pragmatic Bookshelf(出版社)2023/5/3(発売日)755(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Rails 7 completely redefines what it means to produce fantastic user experiences and provides a way to achieve all the benefits of single-page applications - at a fraction of the complexity. Rails 7 integrates the Hotwire frameworks of Stimulus and Turbo directly as the new defaults, together with that hot newness of import maps. The result is a toolkit so powerful that it allows a single individual to create modern applications upon which they can build a competitive business. The way it used to be.

(ChatGPT Plusによる翻訳)
Rails 7は、素晴らしいユーザーエクスペリエンスを生み出すとはどういうことかを完全に再定義し、シングルページアプリケーションの全ての利点を得る方法を提供します - 複雑さの一部で。Rails 7は、HotwireのフレームワークであるStimulusとTurboを新しいデフォルトとして直接統合し、インポートマップの新しい機能とともに提供します。その結果、このツールキットは非常に強力であり、個人が競争力のあるビジネスを築くための現代的なアプリケーションを作成することができます。以前のように。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

初心者向けのRuby on Railsの本

初心者向けのRuby on Railsの本について紹介します。

たった1日で基本が身に付く! Ruby on Rails 超入門:竹馬 力(著)

書籍情報

竹馬 力(著)山田 祥寛(監修)技術評論社(出版社)2018/3/9(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

いちばんやさしいRuby on Railsの入門書の登場! 

本書は、Ruby on Railsを使ってWebアプリを制作するための入門書です。

まったくの初心者でも操作に迷わないように、開発環境のインストールはもちろん、Ruby on Railsの基本やデータベースの基礎知識をしっかり解説しています。
また、この本の中で、1つのアプリを作っていくので、実際に手を動かしながら、Ruby on Railsを学ぶことができます。

Webアプリを作ってみたいけれど、どこから始めたらよいかわからない…
そんなあなたにぴったりの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

はじめてつくるWebアプリケーション Ruby on Railsでプログラミングへの第一歩を踏み出そう:江森真由美他(著)

書籍情報

江森 真由美 , やだ けいこ , 小林 智恵(著)技術評論社(出版社)2023/4/20(発売日)264(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

10年以上にわたってプログラミングを教えてきた著者陣が、Ruby on RailsでWebアプリケーションを作る方法について、イラストを交えながらわかりやすく解説。 

開発環境のインストールはもちろん、Webアプリケーションの仕組みやRuby on Railsの基礎知識などをやさしく解説しているので、はじめてプログラミングをする方でも安心して読み進められます。
読者がつまずきそうなエラーの解決方法もとことんフォローしました。
楽しいサンプルプログラムでRubyも学ぶことができます。 

これからWebアプリケーションを作ってみたい方、以前にプログラミングの学習を試みたが挫折してしまった方にもお勧めの1冊です。
WindowsとmacOS両対応です。

Ruby on Rails 7.0.4対応

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

最新のRuby on Railsの本

おすすめ3選以外のRuby on Railsの本について、発売日の新しい順に紹介します。

5月に発売されるRuby on Railsの関連書籍は見つかっていません。

RAILS 7 と VUE 3 によるWEB開発:辻道 信行(著)

書籍情報

辻道 信行(著)Amazon(出版社)2023/8/5(発売日)325(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は、Rails7(v7.0.4)とVue3(v3.2.45)を使って、仮想の企業の予約システムを開発する過程をシミュレートしたものです。

この会社は、いくつかある部屋を時間貸しするサービスを行うものと想定してます。

システムの開発環境はdockerを使います。
コンテナは、ruby 3.1.3 imageを使い、Railsをbundle installしてアプリケーションサーバーとし、データベースはpostgres imageをそのまま使います。

docker-composeでコンテナ運用をするベーシックな形で、サーバーサイドとフロントエンドの開発を体験できるように工夫しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Ruby on Rails 6 実践ガイド [機能拡張編]:黒田 努(著)

書籍情報

黒田 努(著)インプレス(出版社)2020/5/22(発売日)360(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本書は、2019年12月に出版された『Ruby on Rails 6実践ガイド』の続編です。
本編で作成した企業向け顧客管理システムBaukis2の機能をさらに拡張し、実用性の高いシステムにしていきます。

本書のテーマは多岐にわたります。
クッキー、リクエスト元のIPアドレス、Ajax、データベーストランザクション、排他的ロック、ツリー構造のデータなど、さまざまなWebアプリケーションに必須の機能を実装しながら解説します。

また、この機能拡張編では、HTMLフォームのさまざまなバリエーションを紹介しています。
特にRailsで業務システムを開発する場合、要求仕様に応じて自由にHTMLフォームを設計・実装する力が求められます。
本書では、さまざまなフォーム設計の事例を扱っていますので、一種のレシピ集として活用できます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Ruby on Rails 6 超入門:掌田津耶乃(著)

書籍情報

掌田津耶乃(著)秀和システム(出版社)2020/2/21(発売日)491(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本企画はRuby on Railsの入門者向け書籍です。

Railsの経験がなくても、エンジニアになりたいからすぐわかるRailsの本を読みたい、と考えている人でも、実際に試してサンプルを動かせるまで丁寧にサポートしながら解説しています。

またさらにRubyを知らないけどRailsを使ってみたい! という人もチャレンジできるよう巻末に必要最低限のRubyの解説をつけているなど、まさに超入門という位置づけの書籍です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Ruby on Rails 6 実践ガイド:黒田 努(著)

書籍情報

黒田 努(著)インプレス(出版社)2019/12/20(発売日)487(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

RailsによるWebプログラミング学習書の定番。初級から中級レベルへステップアップ!

本書は、2014年4月出版の『実践Ruby on Rails 4: 現場のプロから学ぶ本格Webプログラミング』をRuby on Railsのバージョン6向けにアップデートしたものです。

本書では、1つの企業向け顧客管理システムを作る過程で、RailsによるWebアプリケーション開発の基礎知識とさまざまなノウハウを習得していきます。

各章末には演習問題が設けられているので、理解度を確かめながら確実に読み進められます。

著者が試行錯誤を繰り返した上でのベストプラクティスを提供し、読者は、実際に業務システムを構築しながらRailsのさまざまな機能、方法、作法、メソッド、テクニックを学ぶことができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Ruby on Rails 6 エンジニア 養成読本:すがわらまさのり他(著)

書籍情報

すがわら まさのり, 前島 真一(著)技術評論社(出版社)2019/10/26(発売日)112(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Ruby on Rails 6の最新動向がわかる

本書は、これからRuby(Ruby on Rails)の最新動向をいち早く知りたい人/しばらくRubyから離れていた人のために、今求められる知識、開発のトレンド、事前に準備しておきたい環境のおさらいなどを1冊にまとめたムックです。

今開発の現場で求められている知識と開発の流れを学ぶことができます。
Rails 6.0対応

amazon.co.jp書籍情報より引用

試して学ぶ Dockerコンテナ開発:櫻井洋一郎ほか(著)

書籍情報

櫻井 洋一郎 , 村崎 大輔(著)マイナビ出版(出版社)2019/7/25(発売日)336(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Dockerでさまざまな実行環境、開発環境を構築するための実践ノウハウ

コンテナ型の仮想環境を作成、実行するためのプラットフォーム、Dockerの実践解説書。 

本書は、エンジニアが普段行うようなWebアプリケーション開発環境の構築を、Dockerを用いて行うにはどのようにすればよいか、またその環境をDockerで作ることによってどのように開発を効率化させることができるか、にフォーカスした内容となっています。 

PHPのLaravel、Node.jsのNuxt.js、RubyのSinatraとRuby on Rails、PythonのPyTorchといった、Webアプリケーションや機械学習の領域で用いられているものを対象として取り上げました。

それぞれの解説は独立したものとなっているので、読者の方が使っている言語はもちろん、経験していない言語やフレームワークを試すのにも良いでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Ruby on Rails オンライン講座

オンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)で、Ruby on Railsのオンライン講座を受講できます。

Udemyで人気のオンライン講座について、講座概要・対象学習者・学習内容をUdemy公式サイトより引用して紹介します。

Udemyの使い方をくわしく知りたい場合は、ブログ記事をごらんください。

はじめてのRuby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びウェブアプリケーションをネットに公開しよう

講座概要

Rails7対応。

汎用性が高くPythonやPHPと同様に人気のある Rubyを使ってWebアプリケーション開発に挑戦しよう。

基礎からAWSでの開発環境構築、Renderを使ってインターネットに公開するまでを体系的に学べる

  • 最終更新日:2024年1月
  • 8時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • HTML, CSS, JavaScriptの基本は習得した程度のウェブ開発初心者
  • プログラミングの基礎は学習したが、ウェブサービスの実際の作り方と公開の仕方がわからない
  • RubyとRuby on Railsを使ってウェブサービスを作りたい
  • RubyとRuby on Railsを使うプロジェクトにアサインとなったので学びたい。
  • ☆☆☆すでにRubyを実務で利用している方には向きません☆☆☆

学習内容

  • Ruby on RailsとRubyを使った実践的な開発スキル
  • Ruby on RailsとRubyの違いを理解
  • ウェブサービスを公開する方法
  • クラウドサービス、HerokuのPaaS(Platform as a Service)を使ってサービスをネット上に公開する方法を学ぶ
  • AWS Cloud9を使った開発環境の構築

Udemy公式サイトで詳しくみる

はじめてのRuby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びウェブアプリケーションをネットに公開しよう icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

フルスタックエンジニアが教える 即戦力Railsエンジニア養成講座

講座概要

Ruby言語の基礎から始め、Ruby on Railsを使用したWebアプリケーションの開発方法について学びます。

Railsの動作環境をDockerで構築する方法についても学びます。

  • 最終更新日:2023年10月
  • 11時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • Webアプリケーションの作成方法を一から学びたい方
  • フリーランスでRailsエンジニアとして活躍したい方
  • Railsを使ったことがあるけれど、改めて勉強し直したい方
  • Ruby on Rails 5について学びたい方(Ruby on Rails 7のコンテンツも追加中です)

学習内容

  • Ruby on Railsを使用した即戦力レベルのアプリケーション作成のスキルを身に着けることができます
  • Webアプリケーションを作成できるようになります
  • 「なんとなく動く」ではなく本格的に開発を行うためのノウハウを学ぶことが出来ます
  • Dockerを使用したRuby on Railsの開発環境構築について学びます

Udemy公式サイトで詳しくみる

フルスタックエンジニアが教える 即戦力Railsエンジニア養成講座 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

【質問し放題】文系の初心者でも作成できた!プログラミングができない私でもアプリ開発するRuby on Rails講座

講座概要

HTML、Bootstrap、Ruby、Railsが基礎から学習できる講座。

Vagrant、VirtualBox、Ubuntuでローカルサーバーも作れるのでプログラミング学習が 出来なかったあなたに朗報です

  • 最終更新日:2022年6月
  • 6時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • 挫折した経験がある人
  • 副業でプログラミングやWEBページ制作をしたい人
  • スキルアップしたい人
  • いまHTMLを学び終った人でどうするか迷っている人
  • どこから勉強すればいいかわからない人
  • 仕事でRuby on Railsを使いたい人

学習内容

  • HTML/CSS 基礎講座
  • HTML/CSS 演習問題
  • Bootstrap基礎講座
  • Bootstrap演習問題
  • Ruby on Railsスキルアップ講座・事前知識
  • 統合開発環境(IDE)・ローカルサーバー構築
  • Vagrant+VirtualBox+Ubuntu+Rubyでインストールからローカルサーバー構築
  • Ruby on Railsを理解する MVCモデル、DRY、CoC原則、フレームワークとは
  • Ruby on Rails基礎実践
  • Ruby on Railsの修正
  • Ruby on RailsのCSSファイル確認
  • Ruby on Rails新しいページの作成
  • Ruby on Rails変数
  • Ruby on RailsのScaffoldで爆速開発
  • Ruby on Railsの成果物作成メモアプリ
  • Ruby on Railsの成果物作成メモアプリをデザインする

Udemy公式サイトで詳しくみる

【質問し放題】文系の初心者でも作成できた!プログラミングができない私でもアプリ開発するRuby on Rails講座 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

Ruby on Rails よくある質問と回答

Ruby on Railsについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

質問1: Ruby on Railsとは何ですか?

回答: Ruby on Railsは、Ruby言語をベースにしたオープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。

MVC(モデル-ビュー-コントローラー)アーキテクチャを採用し、データベースの利用、Webサービスの構築、ページの生成などを容易に行えます。

Railsは「設定より規約」という哲学に基づき、開発者が迅速かつ効率的にアプリケーションを開発できるよう設計されています。

質問2: Ruby on Railsの主な利点は何ですか?

回答: Ruby on Railsの主な利点は以下の通りです:

  1. 迅速な開発: 豊富なライブラリとジェネレータにより、開発プロセスが迅速化されます。
  2. DRY(Don't Repeat Yourself)原則: コードの重複を避け、メンテナンスを容易にします。
  3. コンベンションオーバーコンフィギュレーション: 設定作業を最小限に抑え、開発に集中できます。
  4. RESTfulアプリケーションのサポート: RESTアーキテクチャの原則に従ったアプリケーション開発が容易です。
  5. テストフレンドリー: 組み込みのテスティングフレームワークを提供し、TDD(テスト駆動開発)をサポートします。

Ruby on Railsの学習曲線はどのようなものですか?

回答: Railsの学習曲線は初心者にはやや急であると言われることがあります。

これは、Railsが多くの規約と機能を備えているため、これらを理解することが初学者には挑戦的な場合があるためです。

しかし、一度基本を把握すれば、Railsの提供する機能によって迅速な開発が可能になります。

Ruby on Railsで使用されるデータベースは何ですか?

回答: Ruby on Railsは、SQLite、MySQL、PostgreSQLなどの複数のデータベースシステムをサポートしています。

開発環境ではSQLiteがよく使われますが、本番環境ではMySQLやPostgreSQLが一般的です。

RailsのActiveRecordライブラリにより、データベースとのインタラクションが容易になっています。

Ruby on Railsのパフォーマンスはどうですか?

回答: Ruby on Railsは、その使いやすさと迅速な開発サイクルに重点を置いており、高パフォーマンスを必要とするアプリケーションには最適化が必要な場合があります。

しかし、適切なキャッシング、データベース最適化、バックグラウンドジョブ処理などを行うことで、十分なパフォーマンスを得ることができます。

Ruby on Railsのスキルが活かせる職種とは?

Ruby on Rails(Rails)に関する知識や経験を習得することで、迅速なウェブ開発を実現し、多くの企業やプロジェクトで貴重な貢献をすることが可能です。

Railsは、高い生産性と開発効率を提供するフルスタックのウェブアプリケーションフレームワークであり、特にスタートアップ企業や急成長中のテクノロジー企業で好まれています。

以下は、Ruby on Railsのスキルを活かせる職種です:

  1. Ruby on Rails開発者/エンジニア:
    • Railsフレームワークを使用して、ウェブアプリケーションの設計、開発、テスト、デプロイメントを行います。バックエンドロジックからフロントエンドの統合まで、アプリケーション開発の全般にわたり活動します。
  2. フルスタック開発者:
    • Railsをバックエンド開発に、HTML、CSS、JavaScriptを含むフロントエンド技術を組み合わせて使用します。アプリケーションのフロントエンドとバックエンドの両方を構築し、管理する能力が求められます。
  3. スタートアップの技術責任者(CTO)/技術リーダー:
    • スタートアップ企業において、技術的ビジョンの策定と実行、開発チームの管理、技術スタックの選定に関わります。Railsの迅速なプロトタイピング能力は、スタートアップの初期段階で特に有効です。
  4. ウェブアプリケーションアーキテクト:
    • 大規模なウェブアプリケーションやサービスの設計において、Railsを核とする技術アーキテクチャを計画し、実装します。システムのスケーラビリティ、セキュリティ、パフォーマンスを最適化します。
  5. フリーランスウェブ開発者:
    • 独立してプロジェクトを受注し、クライアントの要望に応じたカスタマイズされたRailsアプリケーションを提供します。柔軟な働き方を求める個人に適しています。
  6. デベロッパーアドボケイト/エバンジェリスト:
    • Railsコミュニティや開発者向けイベントで、Railsのベストプラクティスや成功事例を共有します。技術的なサポートや教育を通じて、Rails技術の普及に貢献します。
  7. 教育者/トレーナー:
    • 新しい開発者やプログラミング学習者に対して、Railsを使用したウェブ開発の基本を教えます。オンラインコースやワークショップ、ブートキャンプなどで指導を行います。

Ruby on Railsの経験は、迅速な開発サイクルと高い生産性を実現する能力を持つ開発者にとって非常に価値があります。

スタートアップから大手企業まで、幅広い組織でRailsを活用したプロジェクトが進行しており、Railsスキルを持つ開発者には多くの機会があります。

まとめ

Webアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Ruby on Railsがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本、そしてオンライン講座3選など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。