【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】クラシック音楽がわかる本おすすめ3選+最新情報

「クラシック音楽がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

クラシック音楽について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

クラシック音楽(Classical Music)とは、バロック時代からロマン派時代にかけての西洋音楽を指し、バッハ、ベートーヴェン、モーツァルトなどの作曲家が有名です。形式美と調和を重視し、オーケストラ、室内楽、ピアノソナタなど多様な形式で表現されます。時代を超えた美しさと深い感情が魅力です。

まずはじめに、クラシック音楽がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 音楽愛好家:クラシック音楽の歴史や作品について深く知りたい。
  • 音楽学生:クラシック音楽の理論、作曲技法、演奏法を学びたい。
  • プロの音楽家:クラシック音楽の解釈や技術を向上させたい。
  • 音楽教師・教育者:生徒にクラシック音楽を教えるための教材や教授法を探している。
  • 一般教養として学びたい人:クラシック音楽の基礎知識や文化的背景を理解したい。
  • コンサートゴーア:コンサートやオペラをより深く楽しむための知識を得たい。
  • 作曲家・アレンジャー:クラシック音楽の技法やスタイルを学び、自分の作品に応用したい。
  • 音楽療法士:クラシック音楽を用いた治療法やリラクゼーションの技術を学びたい。
  • 歴史研究者:音楽史の一環としてクラシック音楽の発展や影響を研究したい。
  • 家族や子どもに音楽教育をしたい親:クラシック音楽の魅力を伝え、家庭での音楽教育に役立てたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

クラシック音楽の本 おすすめ3選

クラシック音楽がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

ごまかさないクラシック音楽

書籍情報

岡田 暁生(著)片山 杜秀(著)新潮社(出版社)2023/5/25(発売日)360(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

美しい旋律に隠された「危険な本音」とは――?

バッハ以前はなぜ「クラシック」ではないのか? 
ハイドンが学んだ「イギリス趣味」とは何か? 
モーツァルトが20世紀を先取りできた理由とは? 
ベートーヴェンは「株式会社の創業社長」? 
ショパンの「3分間」もワーグナーの「3時間」も根は同じ? 

古楽から現代音楽まで、「名曲の魔力」を学び直せる最強の入門書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

クラシック音楽とは何か

書籍情報

岡田 暁生(著)小学館(出版社)2017/11/20(発売日)315(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

明快で痛快な「クラシック音楽の本質と粋」 

著者は、サントリー学芸賞・吉田秀和賞ほか受賞多数、NHK・Eテレ「スコラ」(坂本龍一の音楽番組)出演でも知られる京大教授・岡田暁生氏。
岡田氏が、ベストセラー『西洋音楽史』と『音楽の聴き方』の粋をよりわかりやすく、より楽しめる1冊として入門者向けに仕立てました。
かつ新しい視点も交えて従来の岡田ファンも充分満足する内容になっています。

「音楽史の流れ」「モーツァルトとベートーヴェンの違いについて」などの、ありがちな項目から「うんざりするほど長い音楽について」「ワケのわからない音楽について」など、この手の本にはなかった項目まで、40のキーワードを駆使して「クラシック音楽の本質と粋」が解説されています。

全編320ページのボリュームで書かれたクラシック音楽の本が、一度読み始めるととまらない極上のエンタテインメントとなっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ゼロから分かる! 図解 クラシック音楽

書籍情報

宮本 文昭 , 富田 隆(監修)世界文化社(出版社)2020/2/29(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

クラシック音楽の基本、オーケストラ(楽器)の基本が図解で分かる決定版。

オーボエ奏者で指揮者でもあった宮本文昭氏(東京音大教授。ヴァイオリニスト宮本笑里氏の父)が監修。

知識的なことだけでなく、どんな時にどんな曲を聴いたらメンタルによいか、シーン別にどんな曲がオススメか、を心理学者・富田隆氏がアドバイス。

※登録しないでも30秒、曲の試聴ができるQRコードつき。楽器図解のページでも楽器の音が聴ける。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

クラシック音楽の名著・ロングセラー本

クラシック音楽についての名著やロングセラー本を紹介します。

クラシック音楽全史 ビジネスに効く世界の教養

書籍情報

松田 亜有子(著)ダイヤモンド社(出版社)2018/10/11(発売日)226(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

言葉を超えた音楽こそ、世界共通のビジネスツールに! 

勤勉さを武器に転職し、国内でステップアップしたバッハ
命がけだった馬車の長旅で大成したモーツァルト
フロイトとウィーン大学で同時代に学んだマーラーなど……
音楽家の人生と名曲の背景から、歴史がわかる! 会話が弾む!

◇紀元前から21世紀の日本まで、クラシック音楽の流れがざっくりわかる1冊◇

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

クラシック音楽の感動を求めて つまみ食い的鑑賞法のすすめ

書籍情報

常盤隆(著)アーツアンドクラフツ(出版社)2023/2/8(発売日)268(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

人生を豊かにするCD160枚を一挙紹介

中野雄、ドナルド・キーンを敬愛する著者が収集したCD3000枚から感動への近道となる曲や演奏に焦点を当てる。
[CDジャケ写、ナンバー付]

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

クラシックのからくり 「かたち」で読み解く楽曲の仕組み

書籍情報

舟橋三十子(著)ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス(出版社)2016/4/22(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

音楽のからくりがわかれば感動の仕組みが理解できる! 

クラシック音楽は難しい!? ロンド、カノン、二部形式、ってなに? 

楽曲の「かたち」から音楽の構成を徹底分析する、聴くだけではない楽しみ方ができる画期的な一冊。
各形式の代表的な曲を楽譜でまるごと解説するので、曲の構成が一目でわかる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のクラシック音楽の本

近日発売予定や最近発売された最新のクラシック音楽の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

5月に発売されるクラシック音楽の関連書籍は見つかっていません。

〈死〉からはじまるクラシック音楽入門

書籍情報

樫辺 勒(著)日本実業出版社(出版社)2024/3/8(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

あらゆる音楽は沈黙(無=死)から生起し、沈黙へ還る。
特にクラシック音楽では、死を題材とする作品――レクイエム、ミサ曲はもちろん、交響曲、ピアノ作品など多岐にわたる――を知ればより深く理解できる。

別離の哀しみは人生そのもの。哀しいときには哀しい曲を。そこから人は立ち上がれる。

〈死〉からはじめるまったく新しい西洋音楽入門。
音楽史の流れもつかめる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

日本のクラシック音楽は歪んでいる 12の批判的考察

書籍情報

森本 恭正(著)光文社(出版社)2024/1/17(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書における批判の眼目は、日本における西洋音楽の導入において、いかに我々は間違ってそれらを受け入れ、その上その間違いに誰も気がつかず、あるいは気がついた者がいたとしても訂正せず、しかも現在まで間違い続けているか、という点である。(本文より)

明治期に導入された西洋音楽。
だが、その釦は最初から掛け違っていた。
作曲家・指揮者として活躍する著者が、二十年を超える思考の上に辿り着いて示す、西洋音楽の本質。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生活はクラシック音楽でできている 家電や映画、結婚式まで日常になじんだ名曲

書籍情報

渋谷ゆう子(著)笠間書院(出版社)2023/12/25(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

日本人には少し敷居が高く感じられるクラシック音楽。
でもコンサートホールまで聴きに行かない人でも、実は生活の中でさまざまな形で耳にしています。
例えば、炊飯器の炊き上がりやお風呂のお湯張り完了で流れる電子音で、TVの人気番組のオープニングテーマとして、映画やアニメの名シーンの一部として、または運動会や結婚式を盛り上げるBGMとして……。

それらの名曲は、ただ聴いているだけでも美しさに浸れますが、そこに隠された作曲家の人生や当時の時代背景、作曲の意図を知ることで、より心に響いてくるものばかりです。
そして、曲を理解することが、映画などを深く鑑賞することにもつながります。

クラシック音楽に触れる機会を探している人、教養として音楽の知識を身につけたい人、そして音楽を通して日常生活をちょっと違った視点で眺めたい人にもおすすめの一冊。
紹介した曲をすぐに聴けるQRコード付き!

amazon.co.jp書籍情報より引用

人生が楽しくなる 西洋音楽史入門

書籍情報

山﨑 圭一(著)PHP研究所(出版社)2023/8/8(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

歴史を知ると、音楽が何倍も楽しめる!
クラシック音楽を知るのに、最適な手段は「歴史と一緒に学ぶ」こと。

教育YouTuberムンディ先生が〈ヨーロッパを中心とした歴史〉と〈音楽の歴史〉の両方を同時に紹介する、ありそうでなかった入門書。
「これ、聴いたことある!」「この曲のことか……」「この時、ここで生まれた音楽なのか」知っている曲が、本書でさらに分かります。

■本書の特徴■
①歴史のストーリーと、その時代の事件や人物を題材にした曲を紹介、そしてその時代に生きた作曲家と、その作曲家の代表曲を解説。
②紹介した曲についての参考となるYouTube動画のリンクのQRコードを載せています。こちらを読み込むと、YouTubeの外部サイトが立ち上がり、紹介した曲の聴きどころから再生されます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

二十世紀のクラシック音楽を取り戻す 三度の戦争は音楽に何をしたか

書籍情報

ジョン・マウチェリ(著)松村 哲哉(翻訳)白水社(出版社)2023/7/29(発売日)342(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

二十世紀後半に作曲されたクラシック音楽の作品で、その後世界中のオーケストラや歌劇場のレパートリーに加わった作品はごく少ない。
そして、現代の音楽であるはずの「現代音楽」は、一部の愛好家を除けば人気があるとは言いがたい。
この状況を著者は、「現代のクラシック音楽というものが狭い範囲に限定されたからこそ、他のジャンルの音楽が大いに栄えているのに、オーケストラやオペラハウスがいわゆる『危機的状況』にある」と見る。
現在もレパートリーの中心をなしているかつての大作曲家の系譜はどこへ行ってしまったのか?

映画『風と共に去りぬ』の作曲者でウィーン楽友協会音楽院に学んだマックス・スタイナーは、かつて「仮にワーグナーが今世紀に生きていたら、映画音楽でナンバーワンの作曲家になっていたでしょう」と語った。
本書は二十世紀クラシック音楽の歴史を、この問題に大きな影響を与えた第一次・第二次世界大戦、冷戦とのかかわりから見ていくものである。
「現代音楽」たる前衛音楽、政治的な事情で埋もれてしまった作曲家に、クラシック音楽家の系譜につらなる映画音楽やミュージカルの作曲家まで含めて語る。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ミュージック・ヒストリオグラフィー どうしてこうなった?音楽の歴史

書籍情報

松本直美(著)ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス(出版社)2023/5/30(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

なぜ、音楽史はこんなに珍妙でケッタイなものになっているのか?
音楽史学(=ミュージック・ヒストリオグラフィー)で読み解く、まったく新しい音楽史の世界!


バロック時代のバッハ、古典派のモーツァルト、ロマン派の幕を開けたベートーヴェン……音楽史を少しでも習ったことがある人には馴染みのある時代区分や作曲家の名前。
肖像画とセットで思い浮かべる人や、「伝記を読んだことがある!」という人も多いはず。
けれど、 よく見ると“音楽史”には日本史や世界史ではありえない、おかしな点がたくさんあるのです。

どうしてこうなった? そして、音楽史はこれからどう書かれるのか?

本書では過去から現在までの「音楽史の書かれ方」を振り返り、新たな視点でアップデートし続ける音楽史の最前線をご案内します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

名曲の裏側 クラシック音楽家のヤバすぎる人生

書籍情報

渋谷ゆう子(著)ポプラ社(出版社)2023/5/11(発売日)190(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

音楽家の人生を知ると、あの名曲がもっと深まる。
読みながら楽曲を聞いて楽しめる、プレイリスト付き!

ある者は女性問題に頭を抱え、ある者はお金の工面に泣き、またある者は鬼嫁に責め立てられ…… クラシック音楽という高尚で優美なイメージから程遠い一面に注目することで、偉大な音楽家たちがのこした名曲を、より味わい深く楽しむことができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

クラシック音楽によくある質問と回答

クラシック音楽について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

クラシック音楽とは具体的にどんな音楽ですか?

回答: クラシック音楽は、西洋の伝統的な音楽スタイルで、オーケストラ、室内楽、オペラ、ソロ楽器のための作品などが含まれます。

主にバロック時代(1600年頃から1750年頃)、古典派(1750年頃から1820年頃)、ロマン派(19世紀)に分類され、それぞれの時代で異なるスタイルや特徴があります。

クラシック音楽を聴くメリットは何ですか?

回答: クラシック音楽を聴くメリットには、ストレスの軽減、集中力の向上、リラクゼーション、感情の豊かさを感じることなどがあります。

また、クラシック音楽は感性を磨き、文化的な教養を深める効果もあります。

クラシック音楽の代表的な作曲家を教えてください。

回答: クラシック音楽の代表的な作曲家には、ヨハン・セバスティアン・バッハ、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、フレデリック・ショパン、ピョートル・チャイコフスキーなどがいます。

これらの作曲家は、それぞれが独自の音楽スタイルと影響を持ち、多くの有名な作品を残しています。

クラシック音楽の聴き方にコツはありますか?

回答: クラシック音楽を聴く際は、まずは静かな環境でじっくりと聴くことをお勧めします。

作品の背景や作曲家の意図をあらかじめ調べておくと、音楽をより深く理解し、感じることができます。

また、ライブの演奏会に足を運ぶことで、音楽のダイナミクスや繊細さを体験することができます。

クラシック音楽の主な演奏形式にはどのようなものがありますか?

回答: クラシック音楽の演奏形式には、ソロ(一人で演奏)、室内楽(少人数のグループ)、オーケストラ(大人数のグループ)などがあります。

また、オペラでは音楽と劇が組み合わされ、オラトリオでは合唱が特徴的です。

クラシック音楽のスキルが活かせる職種とは?

クラシック音楽に関する知識や経験を習得することで、幅広い職業で活躍することができます。

クラシック音楽の専門知識や技術は、演奏、教育、制作、マネジメントなど、さまざまな分野で役立ちます。

以下に、クラシック音楽の知識や経験を活かして担当できる仕事の例を挙げます:

  1. 演奏家(ソリスト、オーケストラの一員、室内楽奏者):
    • ソロリサイタル、オーケストラ、室内楽などで演奏活動を行います。コンサートやレコーディングに参加し、幅広いレパートリーを演奏します。
  2. 指揮者:
    • オーケストラや合唱団を指揮し、リハーサルや公演を通じて楽団を導きます。音楽的解釈を伝え、アンサンブルの質を向上させます。
  3. 作曲家/編曲家:
    • 新しいクラシック音楽作品や編曲を作成します。オリジナルの楽曲を作曲し、既存の作品を新しい編成やスタイルにアレンジします。
  4. 音楽教師/教育者:
    • 学校や音楽教室でクラシック音楽を教えます。楽器の演奏技術や音楽理論、歴史などを指導し、次世代の音楽家を育てます。
  5. 音楽学者/研究者:
    • クラシック音楽の歴史、理論、分析を研究し、学術論文や書籍を執筆します。大学や研究機関で教えることもあります。
  6. 音楽プロデューサー:
    • レコーディングプロジェクトを企画・管理し、アーティストとの協力を通じて高品質な音楽作品を制作します。録音技術や編集にも関わります。
  7. 音楽評論家/ジャーナリスト:
    • コンサートや音楽イベントのレビューを執筆し、音楽雑誌や新聞、オンラインメディアでクラシック音楽に関する記事を発表します。
  8. オーケストラマネージャー/アドミニストレーター:
    • オーケストラの運営や公演の企画・管理を行います。コンサートのスケジュール管理、財務管理、マーケティングなど、広範な業務を担当します。
  9. 楽譜編集者:
    • 音楽出版社で楽譜の校正や編集を行います。新しい版の楽譜を作成し、演奏者が利用しやすい形で提供します。
  10. 舞台芸術プロデューサー:
    • クラシック音楽を含む舞台公演の企画・制作を行います。公演のプログラム編成、出演者の選定、リハーサルの管理などを担当します。
  11. 音楽セラピスト:
    • クラシック音楽を用いて、クライアントの心身の健康を支援します。音楽療法のセッションを通じて、リラクゼーションや感情表現の促進を図ります。
  12. 音楽イベントプランナー:
    • コンサートや音楽祭の企画・運営を担当します。アーティストのブッキングや会場の手配、宣伝活動などを行います。

クラシック音楽の知識や経験は、音楽業界のさまざまな職種で重要な役割を果たします。

音楽を通じて文化や教育、エンターテインメントに貢献することができ、多くの人々に影響を与えることができます。

まとめ

クラシック音楽について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、クラシック音楽がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。