【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】SQLがわかる本おすすめ3選+最新情報

「SQLがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

SQLについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

SQL(Structured Query Language)は、データベースから情報を抽出、更新、管理するための標準的なプログラミング言語です。リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)で広く使用され、その強力なクエリ機能により、複雑なデータ操作と分析が可能です。ビジネスの意思決定支援からアプリケーション開発まで、幅広い用途で活用されています。

まずはじめに、SQLがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • データベース管理者:データの操作、問い合わせ、管理にSQLを使用したい。
  • ソフトウェア開発者:データベース駆動型のアプリケーションを構築するためにSQLを学びたい。
  • データアナリスト:データ抽出、分析、レポーティングのためにSQLスキルを磨きたい。
  • IT学生:データベースとデータ操作の基礎としてSQLの知識を身につけたい。
  • ビジネスインテリジェンス専門家:組織内のデータから洞察を得るためにSQLを利用したい。
  • フリーランスのプログラマー:クライアントのデータベース関連プロジェクトでSQLを活用したい。
  • データサイエンスの専門家:データセットの操作と分析にSQLを使用したい。
  • システムエンジニア:バックエンドシステムとデータベースの統合にSQLを活用したい。
  • プロジェクトマネージャー:チームがデータベースを扱うプロジェクトに関わる際のSQL知識が必要。
  • マーケティングアナリスト:顧客データベースからの情報抽出にSQLを利用したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

SQLの本 おすすめ3選

SQLがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

スッキリわかるSQL入門[第4版]ドリル256問付き!

書籍情報

中山 清喬 , 飯田 理恵子(著)株式会社フレアリンク(監修)インプレス(出版社)2024/2/5(発売日)528(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

シリーズ累計90万部突破の大人気入門書の改訂版! 
どこでも試せて繰り返し練習できるから、初心者でもSQLがグングン身に付く!


初心者でもすぐにSQLを習得できる秘密は、3つのコンセプトにあり!
【1】シンプルだけれど奥深いSQLが楽しく「わかる」
【2】つまずくことなく、今すぐに、何度でも「試せる」
【3】自信がつくまで繰り返し「練習できる」

第4版では、最新DBMS製品に対応したほか、新付録として「SQLによるデータ分析入門」を追加しました。
RDBやSQLが、近年注目を集めるデータ活用とAIの世界にも繋がっていることを実感できます。

本書でぜひ、単純な命令をパズルのように組み合わせて、驚くほど柔軟で高度なデータ処理を実現できる、SQL特有の深さとおもしろさを味わってみてください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

達人に学ぶSQL徹底指南書 第2版 初級者で終わりたくないあなたへ

書籍情報

ミック(著)翔泳社(出版社)2018/10/11(発売日)368(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

SQLを扱うエンジニア必携のロングセラー、10年ぶりの改訂!
――SQLの正しい書き方・考え方が学べる本

開発者のためのWebマガジン「CodeZine」の人気連載を大幅加筆・修正して2008年に刊行、好評を博した『達人に学ぶSQL徹底指南書』の改訂・第2版です。

第2版では、初版構成を生かしつつ、SQLの強力な機能ウインドウ関数を全面的に採用して多くのコードをリバイスしました。
全体的な解説の見直しや最新化も行ない、CASE式、ウィンドウ関数、外部結合、HAVING句、EXISTS述語など、SQLを扱うエンジニアに必要な「正しい書き方・考え方」「ビッグデータ時代に対応したモダンなSQL機能を駆使した書き方」を徹底解説しています。

標準SQL準拠のため、Oracle/SQL Server/DB2/PostgreSQL/MySQL等々の幅広いデータベースに対応しているほか、実際の開発現場でも活かしやすい実践的なコーディング事例も多数紹介しています。
チューニングテクニックやリレーショナルデータベースの歴史なども網羅。
SQLの原理となっている仕組みや、この言語を作った人々が何を考えて現在のような形にしたのか、というバックグラウンドも掘り起こして伝えます。

・脱初級や、より高みを目指したいDBエンジニア、プログラマ
・「SQLとは何なのか」を知りたいと思っている人

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

SQL 第2版 ゼロからはじめるデータベース操作

書籍情報

ミック(著)翔泳社(出版社)2016/6/1(発売日)319(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

大好評のSQL定番入門書が改訂! SQLの書き方からアプリでの利用までしっかり学ぼう! 

プログラミング学習シリーズ『SQL ゼロからはじめるデータベース操作』は、「データベースやSQLがはじめて」という初心者を対象に、プロのデータベース(DB)エンジニアである著者がSQLの基礎とコツをやさしく丁寧に教える入門書です。

DB/テーブルの構造から、データを検索したり更新したりする構文、よく使う関数、テーブルの結合など、SQLによるデータベース操作の基本を学習していきます。
WHERE句、GROUP BY句、HAVING句やサブクエリなど、SQLを使いこなすためのポイントとなる機能や、初心者にとって理解が難しい部分は、豊富な図とサンプルプログラムでかみくだいて解説しています。

また、標準SQLをベースに、各種DB(Oracle、SQL Server、DB2、PostgreSQL、MySQL)での違いや、初心者がハマりやすいポイント、基礎ノウハウについてもしっかり解説。

第2版では、解説・サンプルコードを最新DBのSQLに対応したほか、(PostgreSQLを例に)アプリケーションプログラムからSQLを実行する方法の解説章を新設。
SQLの書き方だけはなく、アプリケーションでの利用方法までフォローします。

データベースを扱うアプリを作りたいが何から学習すれば良いかわからない、きちんとSQLを書けるようになりたい、現場で通用する基礎を身につけたい、という方におすすめの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

SQLの名著・ロングセラー本

SQLについての名著やロングセラー本を紹介します。

[改訂第4版] SQLポケットリファレンス

書籍情報

朝井 淳(著)技術評論社(出版社)2017/2/18(発売日)656(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

大好評の「SQLポケットリファレンス」が7年ぶりのリニューアル! 改訂第4版の登場です。

この7年の間にバージョンアップした各データベースの最新版に対応するとともに、軽量・コンパクトなデータベースとして利用が拡大したSQLiteにも対応。

対応データベースは、Oracle、SQL Server、Access、DB2、PostgreSQL、MySQL(MariaDB)、SQLiteです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

初めてのSQL 第3版

書籍情報

Alan Beaulieu(著)株式会社クイープ(翻訳)オライリージャパン(出版社)2021/7/6(発売日)376(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

SQL言語に初めて触れるプログラマを対象に、SQL言語の基本を解説します。
データベースの歴史、概念などの基礎知識から、データベースの作成、クエリの基本、フィルタリング、トランザクションなどまで、実践に必要なポイントを過不足なくコンパクトにまとめ、理解を深められるよう練習問題を用意しています。

改訂にあたり、「ビュー」「メタデータ」「解析関数」「大規模なデータベースの操作」「SQLとビッグデータ」の章が追加され、さらに充実しました。SQLを学び始めるのに最適の一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

SQLアンチパターン

書籍情報

Bill Karwin(著)和田 卓人, 和田 省二(監訳)児島 修(翻訳)オライリー・ジャパン(出版社)352(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書はDB設計やSQL記述の際に避けるべき事柄を1章で1つ、25個紹介する書籍です。

リレーショナルデータベースを中心に据えたシステム開発には、様々な場面で陥りやすい失敗(アンチパターン)があります。

本書はデータベース論理設計、データベース物理設計、クエリの記述、アプリケーション開発という4つのカテゴリに分かれて、それぞれの分野におけるアンチパターンを紹介し、失敗を避けるためのより良い方法を紹介します。

複数の値を持つ属性や再帰的なツリー構造の格納から、小数値の丸めやNULLの扱いに起因する問題、全文検索やSQLインジェクション、MVCアーキテクチャなど、実践的かつ幅広いトピックを網羅します。

データベースに関わるすべてのエンジニア必携の一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

初心者向けのSQLの本

初心者向けのSQLの本について、発売日が新しい順に紹介します。

SQL1年生 データベースのしくみ SQLiteで体験してわかる!会話でまなべる!

書籍情報

リブロワークス(著)翔泳社(出版社)2023/10/16(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

あたらしい1年生シリーズ SQL1年生の登場!
データベースの世界に飛び込んでみよう!


あらゆる場面で利用することの多いデータベース。SQLを利用すれば、様々な方法でデータベースのデータを扱うことができます。

ただ一方で「SQLってむずかしそう」「データベースのデータ操作って専門家がするものじゃないの?」と思っている方も多いかと思います。

本書はそうした初心者の方に向けて、フクロウ先生とエリちゃんと一緒にSQLiteを利用して、SQLによるデータベースの作成から基本的なデータの操作、データの様々な操作方法について体験。対話形式でデータベースのしくみを学ぶことができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

いちばんやさしい SQL 入門教室

書籍情報

矢沢 久雄(著)ソーテック社(出版社)2019/5/23(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

データベースとSQLの基本と操作が、この一冊でしっかり学べます。

SQLには「読む」参照系(SELECT)と「書く」更新系(INSERT、UPDATE、DELETE)の命令があります。
「データベースを活用する」ということは、「業務や日常生活にデータを役立てること」です。
したがって、データを検索する「SELECT」の使い方をマスターすることが最も重要と言えます。
そこで本書では、特に参照系の使い方に重点を置いて解説しています。
もちろん、データの登録、更新、削除を行うINSERT、UPDATE、DELETEは、データベースの内容を最新の状態に正しく保つために使われ、これらも重要です。

本書では更新系のSQLの基本的な使い方も解説します。
マスターするSQLは、「SQLの構文」「サンプル(例文)」「練習問題」の3ステップで解説します。
段階を踏んで学べるので、初心者の学習に最適です。
また、本文中の要所要所に要点を「重要! 」マークでまとめているため、要点が一目でわかります。
さらに、SQLの学習上注意すべきことなどをコラムにまとめています。

データベースをゼロから始めたい初心者や、仕事でつかえるSQLを学びたいエンジニア、
プレゼンや客先提案などに使えるデータを取り出すクエリーを自分で書けるようになりたい営業・マーケターなど、
SQLの学習を始めたい人に最適な一冊です!

amazon.co.jp書籍情報より引用

データベースの気持ちがわかる SQLはじめの一歩

書籍情報

朝井 淳(著)技術評論社(出版社)2015/3/3(発売日)352(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

RDBMSの基礎的な知識や「このSQLはなにをしているのか」ということについての知識は、どのような専門をもつエンジニアにとっても未だに必須となる知識のひとつであり続けています。

本書はデータベースという概念にはじめて触れる新人エンジニアを主な対象とし、データベース周辺技術の基礎知識を満遍なく学び、標準的なSQLの文法を豊富な図版と実践を通して身に付けることを目標とします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新のSQLの本

近日発売予定や最近発売された最新のSQLの本を、発売日が新しい順に紹介します。

【7月19日発売】BigQueryではじめるSQLデータ分析 GA4 & Search Console対応

書籍情報

木田 和廣(著)インプレス(出版社)2024/7/19(発売日)496(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

データ分析のためのSQLを身につけよう!

本書は、Googleが提供するデータベースサービス「BigQuery」を実行環境として、SQLを活用したデータ分析に取り組むためのスキルやノウハウを解説している、ノンエンジニアのビジネスパーソン向けの書籍です。
特に、デジタルマーケティングやWebサイトの運営に業務として関わっている方を対象としています。

「SQLの知識がない」「BigQueryを利用したことがない」という人でも、SQLの基礎やBigQueryの基本操作から解説しているので、ゼロから学習を始められます。
また、「すでにBigQueryを利用しているけど、SQLには自信がない……」という人にもおすすめです。
本書に収録しているドリルとサンプルファイルを使い、実際に手を動かしながらSQLを学ぶことができます。

さらに、Googleアナリティクス4やGoogle Search Console、Google FormsとBigQueryを連携させ、各ツールの管理画面上ではできない高度な分析に取り組む方法も解説しています。
Webサイトやネット広告の改善、SEO対策のため、自身の分析スキルをレベルアップさせたい人に最適な1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【7月5日発売】SQLポケットガイド 第4版

書籍情報

Alice Zhao(著)原 隆文(翻訳)オライリージャパン(出版社)2024/7/5(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

世界中で使われている定番のSQLリファレンス!

現場で重宝するSQLリファレンス。
ソフトウェア開発の現場では、「SQLの構文をすぐに確認したい」「データベースによって異なるSQLの書き方を知りたい」「久しぶりにSQLを使うので簡単に復習したい」といったことがよくあります。

本書では、仕事でSQLを利用しているプロの開発者を対象に、主要な5つのデータベース——MySQL、SQL Server、Oracle、PostgreSQL、SQLite——で使われるSQLの構文およびデータベースの基本を簡潔に解説します。

PythonやRからSQLを利用する方法も解説しているので、データアナリストやデータサイエンティストなど、開発者以外のSQLユーザーにも有用でしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

改訂新版 前処理大全 SQL/pandas/Polars実践テクニック

書籍情報

本橋 智光 , 橋本 秀太郎(著)技術評論社(出版社)2024/5/22(発売日)472(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

データ分析にさらなる進化を

BigQuery、Pandas、Polarsを使った実用的なモダン前処理を学びましょう!

データ分析において前処理が重要かつ多くの時間をとられる業務であることは広く知られてきました。
同時に前処理を実現するためのライブラリは大きく改善されてきています。
また、機械学習モデルの進化によって、求められる前処理の内容も変わってきています。
本書は、初めて学ぶ方にも昔学んでから知識をアップデートしていない方にも、悪いサンプルコードと良いサンプルコードを紹介しながら丁寧にデータ分析の前処理を学べる技術書です。

本書は、第一版の前処理大全から大きく構成や内容を変更しています。
SQLはBigQuery準拠に変更し、Pandasは最新バージョンの思想に沿い新機能を使ったコードに変更しました。
Rの代わりにR同様にパイプラインで書きやすくかつ処理エンジンがRustベースで書かれているため高速なPolarsに変更しました。
また、前処理内容も大きく変更し、より現在よく使われる処理を実用ケースとともに解説しています。
また、新たな試みとしてコラムとして少しマニアックだけど役立つプログラムの裏側の解説や分析テクニックを紹介しており、中級者の方にとっても有用な知識をお届けしています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

データベース技術教科書 DBMSの原理・設計・チューニング

書籍情報

都司 達夫 , 宝珍 輝尚(著)CQ出版(出版社)2024/4/1(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

リレーショナルデータベース・マネジメントシステムをベースに,DBシステムの原理から,設計・チューニングまでを詳細に解説.

最新のデータベース技術まで網羅しています.
「多次元データとその索引付け」の章を追加しました.

amazon.co.jp書籍情報より引用

徹底攻略 データベーススペシャリスト教科書 令和6年度

書籍情報

瀬戸美月(著)インプレス(出版社)2024/3/22(発売日)768(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

データベーススペシャリスト(DB)試験攻略のための必須知識を完全網羅した、テキスト&問題集の決定版!

ビッグデータやAI、情報セキュリティ技術など、最新の動向を踏まえて解説を強化した改訂版が登場。
この1冊で基礎から知識を積み上げることで、その場しのぎの受験テクニックではない確かな実力が身につきます。

■知識が定着しやすいアジャイル式学習法
■わくすたAIが出題傾向を徹底分析
■過去問題&解説で合格力アップ
■スキマ時間学習に便利な2大特典
■試験直前まで徹底サポート! 項目別要点チェック

amazon.co.jp書籍情報より引用

情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2024年版

書籍情報

ITのプロ46 , 三好 康之(著)翔泳社(出版社)2024/3/22(発売日)672(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

15年間選ばれ続ける最強の定番書!
著者のオリジナルメソッドで合格をつかめ!!


【学習方法と解答テクニックの解説がとにかく詳しい】
【ポイントを押さえた要点解説】
【思考の流れと手順を踏まえた「午後」解説】
【過去22年分の問題(午前、午後Ⅰ、午後Ⅱ)を提供】

amazon.co.jp書籍情報より引用

分散SQLクエリエンジン Trino徹底ガイド

書籍情報

Matt Fuller, Manfred Moser, Martin Traverso(著)蛯原裕弥, 佐々木海, 鯵坂明, 西塚要, 髙田美紀(翻訳)秀和システム(出版社)2024/3/19(発売日)392(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Trinoは、分散SQLクエリエンジンと呼ばれるツールで、異なるデータソースに対して標準的なSQLで効率的なアクセスを可能にするオープンソースのツールです。
分散実行を使用して膨大なデータを効率的にクエリするために、ゼロから設計と開発が行われました。

本書は、Trinoの主要開発者である3人が、Trino自体の紹介から、インストール、設定と運用、事例紹介まで、全貌を余すところなく執筆しています。
また、翻訳も、日本のコミュニティのメンバーが担当しており、実質的なオフィシャルガイドといえます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

リレーショナルデータベース特別講義 データモデル・SQL・管理システム・データ分析基盤

書籍情報

増永 良文(著)サイエンス社(出版社)2024/3/8(発売日)248(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

データベース研究の大家である著者が日頃より蓄えていた深い知識を、4つのテーマで構成して詳解・詳論。

「データベースの真髄」に迫る好個の書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

モダンSQL データ管理から分析へ

書籍情報

石川 博, 土田 正士, 遠藤 雅樹, 山本 幸生(著)共立出版(出版社)2023/11/29(発売日)496(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は、SQLによるデータ管理の基本機能とデータ分析等の拡張機能、およびビッグデータ時代における仮説解釈の基本概念とそのための基本技術を解説する。

現代の情報システム、特にビッグデータを用いる情報システムは、データ管理とデータ分析という異なるサブシステム(デジタルエコシステム)からできている。
この事実を前提に、データ管理を超えるSQLの新しい側面(機能と応用)、すなわちモダンSQLを紹介し、進化するSQLの姿、あるいはSQLの真の姿を伝える。
また、ビッグデータ時代における仮説生成と仮説解釈の基本概念とそのために必要となる基本技術についても具体的に解説し、前著『仮説のつくりかた』(2021年・共立出版)を補完する。

具体的には、仮説の生成・解釈の基本概念を導入したあと、SQLによるデータ管理(操作)の基本機能と、データ分析やNoSQL機能といった拡張機能について解説する。
さらに、実践的なSQLの分析機能の解説や、月惑星科学を題材に、科学データがSQLで管理されている実例を紹介する。
そのほか、SQLが仮説の生成だけでなく、仮説の解釈説明にも有用であることを示すと同時に、SQL以外の方法による仮説説明の技術についてその概要を説明し、またSQLを支えるデータベースの設計、実装、運用についても説明する。

SQLとそれを利用したデータ処理・データ分析を学びたい学生や、製造・販売や研究開発現場の分野専門家、SQLを通してデータ分析を学びたいデータエンジニア、SQLを通してデータ処理を学びたいデータサイエンティストに読んでいただきたい一書である。

amazon.co.jp書籍情報より引用

データ分析力を高める ビジネスパーソンのためのSQL入門

書籍情報

高橋 光(著)技術評論社(出版社)2023/3/16(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

ビッグデータ時代を生き抜くためのSQL活用術!

変化の激しい今の時代、これまでの経験則だけでビジネスにおける重要な決定を下すことは難しくなってきました。そんなときに使われるのがデータ分析です。仮説を立て、データを活用して検証することで、カンや経験だけではない根拠にもとづいて意思決定をすることができます。

スマートフォン、IoTなどの普及により、企業はあらゆるデータを取得することができるようになりました。そんな中で、データの取得はエンジニアだけの仕事ではなくなってきています。ほしいデータをそのつどエンジニアに依頼していると時間がかかります。ビジネスパーソンがデータ分析力を身につけ、自らデータの収集、検証を行うことで、素早い意思決定が可能になります。こういった背景から、データ分析力で汎用的に使えるSQLを学ぶ必要性も高まっています。

本書では、データ分析のためのSQLという観点から、実務として活用できる必要最低限の知識をまとめます。到達目標は以下のとおりです。

・ビジネスパーソンとしてデータ分析に必要なSQLの構文について理解できる
・他の人が書いたSQL、もしくは自分が過去に書いたSQLを参考にして、ほしいデータを抽出することができる

あえて難しい内容まで踏み込まないことで、SQL初心者でも挫折することなく、最後まで読み進めることができる本を目指します。
以下は、本書で扱う内容です。

・エンジニアとしてではなくビジネスパーソンとしてデータ分析に必要なSQLの知識
・SQLの読み解きができる能力を身につける

本書はただ読み進めるだけでなく、自分のPCにSQLを実行できる環境を構築し、ハンズオンで学びます。DBは、比較的導入が簡単なSQLite(DB Browser for SQLite)を使用します。自身のPCで実際にSQLを実行し、どんな結果が返ってくるのか確認しながら進めることで、ただの知識としてではなく、実務として使えるようなスキルが身につきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

データベース速攻入門 モデリングからSQLの書き方まで

書籍情報

堀内 康夫ほか(著)技術評論社(出版社)2023/3/6(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

データベースの必須知識を詰め込みました

本書は『Software Design』のデータベースに関連する特集記事を再収録した書籍です。 

プロダクトに依存しないデータモデリングの基本をはじめ、基本命令文はもちろん、複雑な集計を行うSQLの書き方、MySQLを扱う際に必須となるデータ型/インデックス/トランザクション/デッドロック/レプリケーションの5大基本機能を解説しています。 

さらに、AWSの人気データサービスであるAmazon RDSとAmazon DynamoDBの使い分けポイントも紹介。 

現場ですぐに役立つデータベースの知識が身に付きます。

(こんな方におすすめ)
・データベースについて基礎から勉強したい方

amazon.co.jp書籍情報より引用

SQL実践入門 高速でわかりやすいクエリの書き方

書籍情報

ミック(著)技術評論社(出版社)2015/4/11(発売日)368(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

SQLはデータベース操作に特化した言語で、柔軟にデータを操作できます。
ただし、独自のロジックに基づいているため、それを正しく理解しなければ、読みづらくパフォーマンスの出ないSQLになってしまいます。

本書では、「条件分岐」「集約」「ループ」「結合」「更新」など日常的に実行する処理の良い書き方・悪い書き方を解説します。その際、データベース内部でどう処理が実行されているかを示す実行計画を読み解くことで、「なぜそう書くと効率が良いのか」「可読性や保守性が向上するのか」を実感を持って理解することを目指します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ビックデータ分析のSQLの本

ビックデータ分析のSQLの本について、発売日が新しい順に紹介します。

SQLではじめるデータ分析 クエリで行う前処理、時系列解析、コホート分析、テキスト分析、異常検知

書籍情報

Cathy Tanimura(著)大橋 真也 , 嶋田 健志(監修)木下 哲也(翻訳)オライリージャパン(出版社)2023/1/26(発売日)352(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

クラウドの普及とともに、SQLの利用範囲は拡大し、データサイエンティストもデータベースを直接扱う機会が増えています。
本書は、データ分析に関わるSQLのテクニックを学び、分析プロセスにおいてSQLを最大限に活用するためのものです。
時系列解析などでは、SQLが日付・時刻の比較や処理に長けており、威力を発揮できる最たるものです。

本書ではデータの前処理から始め、時系列解析、コホート分析、テキスト分析、異常検知など、SQLの操作を通じて高度なテクニックまで学ぶことができる構成になっています。

サンプルコードはGitHubからダウンロード可能で、実際に手を動かしながら学ぶことができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

集中演習 SQL入門 Google BigQueryではじめるビジネスデータ分析

書籍情報

木田和廣(著)インプレス(出版社)2021/2/19(発売日)480(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

データ分析のためのSQLが最速で身につく! 

昨今では、ノンエンジニアのビジネスパーソンでも、CRMの顧客情報、EC・実店舗の注文ログ、Webサイトの行動ログなどの大量のデータを入手し分析する機会が増えました。
その結果、Excelだけでは集計・分析が困難になるケースも生まれています。

本書は、データの抽出・整形に用いられる言語「SQL」について、プログラミング未経験でも取り組める入門書です。
Googleアカウントがあればすぐに利用でき、実務にもそのまま使える「BigQuery」をSQLの学習・実行環境として解説しています。

本書のゴールは、データ分析の実務に使えるSQLのスキルをマスターした状態です。
そのため、初心者向けでありながら、難易度の高い「ウィンドウ関数」(分析関数)についても解説しています。
データベースの管理やメンテナンスについては省き、データ分析に関連する内容に絞りました。

SQLの学習は、実際に手を動かすことが重要です。
本書では、ビジネスシーンを意識した計230問のドリルと演習用ファイルを用意しています。
ドリルで知識を定着させることで、実務に自信を持って取り組めるようになります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ビッグデータ分析・活用のためのSQLレシピ

書籍情報

加嵜 長門, 田宮 直人(著)マイナビ出版(出版社)2017/3/27(発売日)496(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

ビッグデータ時代のSQL活用術・レシピ集

本書は、著者が普段の業務で実際に作成しているレポートやSQLのコードをより汎用化し、レシピ集としてまとめたものです。
「データの加工」「売上の把握」「ユーザーの把握」「Webサイト内のユーザー行動の把握」「異常値の検出」「検索機能の評価」「レコメンド」など、具体的なシーン別に、実践的な手法とノウハウを解説しています。

●読者対象
本書では、アクセス解析等を担当する社内の分析担当者と、実装を行うエンジニアの双方を対象として、下記の情報を提示します。
・データ加工の手法
・分析に使用するSQL
・レポーティング・分析の手法
分析担当者であれば、アクセス解析ツールが提供する指標やフィルタがなくても、それ以上のことを自らで実践できるようになること、エンジニアであれば、分析業務を十分に理解して、分析担当者や経営層に対して、適切な情報提供やレポート提出、そして助言できるようになることを、目指しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

SQL よくある質問と回答

SQLについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

SQLとは何ですか?

回答: SQL(Structured Query Language)は、データベースから情報を取得、更新、削除、挿入するために使用されるプログラミング言語です。

データベース管理システムに対して命令を出すための標準的な言語で、データの管理や分析に広く用いられています。

SQLを学ぶメリットは何ですか?

回答: SQLを学ぶメリットは、データベースを効率的に操作できるようになることです。

これにより、ビジネスデータの分析、レポートの作成、アプリケーション開発など、多岐にわたる分野での作業が容易になります。

また、データ指向の現代社会において、SQLスキルは非常に重宝されます。

SQLでできることは何ですか?

回答: SQLを使うと、データベースから特定のデータを選択して取得したり(SELECT)、新しいデータを追加(INSERT)、既存のデータを更新(UPDATE)したり、データを削除(DELETE)することができます。

さらに、データベース内でデータを整理したり、複数のテーブルから関連するデータを結合して表示することも可能です。

SQLを学ぶために必要な事前知識はありますか?

回答: SQLを学ぶために特別な事前知識は必要ありません。

コンピュータの基本的な操作ができれば、SQLの基礎から学ぶことができます。

ただし、データベースの基本的な概念を理解していると、よりスムーズに学習を進めることができます。

SQLの学習に最適な方法は何ですか?

回答: SQLを学ぶには、オンラインのチュートリアルや書籍を利用するのが一般的です。

実際にデータベースを操作しながら学ぶことが重要で、多くのオンラインプラットフォームでは、実際のSQLコマンドを試すための環境を提供しています。

また、実際のプロジェクトやデータを使ってSQLスキルを実践的に磨くのも効果的です。

SQLのスキルが活かせる職種とは?

SQL(Structured Query Language)は、データベースの管理やデータ操作に広く使用される標準的な言語です。

SQLに関する知識や経験を習得することによって、データに関連する幅広い職種で仕事を担当することが可能です。以下に、具体的な職種を挙げます:

  1. データベース管理者(DBA):
    • データベースの設計、実装、メンテナンス、セキュリティ管理を行います。SQLを使用してデータベースのパフォーマンスチューニングやトラブルシューティングを実施します。
  2. データアナリスト:
    • 企業の意思決定を支援するために、データの収集、分析、レポート作成を行います。SQLを用いてデータベースから必要なデータを抽出・加工し、ビジネスインサイトを提供します。
  3. データサイエンティスト:
    • 大量のデータセットを分析し、データ駆動型の予測モデルやアルゴリズムを開発します。SQLを使用してデータの前処理や抽出を行い、機械学習や統計分析に必要なデータを準備します。
  4. BI(ビジネスインテリジェンス)開発者:
    • BIツールと連携してダッシュボードやレポートを開発します。SQLを用いてデータベースからビジネスに関連するデータを抽出し、視覚的な分析情報を提供します。
  5. バックエンド開発者:
    • Webアプリケーションやシステムのバックエンド部分の開発に携わります。SQLを使用してアプリケーションからデータベースへのデータの保存、更新、検索などの操作を実装します。
  6. システムアナリスト/ITコンサルタント:
    • 企業のITシステムやソフトウェアの要件定義、設計を行います。SQLによるデータベース設計の知識を活用し、効率的なデータ管理戦略を提案します。
  7. ETL(Extract, Transform, Load)開発者:
    • データウェアハウスへのデータの統合プロセスに関わります。SQLを使用して、異なるソースからのデータ抽出、変換、ロードのプロセスを設計・実行します。
  8. フリーランス/独立系コンサルタント:
    • 契約やプロジェクトベースで、データベース設計、データ分析、システム開発のサービスを提供します。SQLスキルは、クライアントのデータ関連のニーズを解決するために不可欠です。

SQLスキルは、データが重要な役割を果たすほぼすべての業界で求められており、特にデータ駆動型の意思決定が重視される現代において、その需要は高まっています。

PR

まとめ

SQLについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、SQLがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。